保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

HoiClue

みんなの保育の日(4月19日)

雨宮みなみ
みんなの保育の日(4月19日)


4月19日が、「みんなの保育の日」ということを知っていますか?

なぜ4月19日なのか?一体どんなことをする日なのか?

そんな保育の日のなぜ?どうして?と、改めてじっくり“保育”について向き合う時間に繋がりそうな読みもの記事をご紹介。

みんなの保育の日(4月19日)

みんなの保育の日は、こども法人キッズカラーが、保育士さんを中心に、社会全体が改めて「保育」について考えるきっかけを作ることを目的に作った記念日です。

子育てや保育に関する様々な課題が浮き彫りになっている状況の中、保育に関わる人だけでなく、様々な人の固有の視点や立場から、改めて「保育」というものについて共に考えたり、考えを共有したり向き合うきっかけにしたいという想いが込められています。

4月19日を4(ふぉー)19(いく)と読む語呂合わせから、4月19日になりました。

みんなの保育の日プロジェクト

2015年に登録されたばかりの「みんなの保育の日」ですが、保育について考えるきっかけとして、これまでにこんなプロジェクトを実施しています。

今こそ、保育の現場と子どもに目を向ける〜ほいくるが考える「みんなの保育の日」〜

今こそ、保育の現場と子どもに目を向ける〜ほいくるが考える「みんなの保育の日」〜

保育に関する様々な課題が浮き彫りになっているなかで、本当に大事なことってなんだろう。

保育士さんの本音、親の本音、答えのない保育のカタチ、子どもの姿…

「みんなの保育の日」をきっかけに、さまざまな視点から、改めて“保育”というものを見つめ直す記事を、連載しています。



“子どもは社会で育てよう!”みんなの保育の日(4月19日)2017

“子どもは社会で育てよう!”みんなの保育の日(4月19日)2017



保育について、改めて向き合うきっかけに

「子どもたちは、自分探しの旅をしている」— 汐見稔幸さんが考える本当の“保育の質”とは

「子どもたちは、自分探しの旅をしている」— 汐見稔幸さんが考える本当の“保育の質”とは

「保育の質ってなんだろう?」そんな問いからスタートし、保育者の役割や、現場との葛藤についてなど色々なお話がつまったインタビュー記事。


(後編はこちら)
汐見稔幸さんが提案する、「保育の質」に繋がる5つのヒント

これからの保育の日

ほいくるでは、今後も4月19日をきっかけに、社会全体で、そもそも「保育とは…?」と考える機会を作っていきたいと思っています。

「こんなことしたらいいんじゃないかな?」というアイディアも募集しています。



何からさがす?

カテゴリー

特集

ログイン

ほいくるのIDをお持ちの方は
このページからログインできます。

パスワードをお忘れの方はこちら

登録はお済みですか?

ほいくるメイトになる(登録)

「ほいくるメイト」ってなぁに?