保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

HoiClue

みんなの保育の日(4月19日)とは…?

雨宮みなみ

みんなの保育の日(4月19日)


4月19日は、4(ふぉー)19(いく)で、保育の日。

でも一体、どんなことをする日なの?何か特別なことでもあるの?

ということで、「みんなの保育の日」についてのあれこれと、改めてじっくり“保育”について向き合う機会になりそうな読みもの記事をご紹介します。

みんなの保育の日(4月19日)

みんなの保育の日は、「保育」について改めて、社会全体で考えるきっかけを作ることを目的とした日です。

子育てや保育に関する様々な課題が浮き彫りになっている状況の中、保育者はもちろんのこと、保育者だけでなく、様々な視点や立場から、改めて「保育」というものについて共に考えたり、考えを共有したり向き合うきっかけにしたいという想いが込め、ほいくるを運営しているキッズカラーが2015年に記念日登録を行いました。

4月19日を4(ふぉー)19(いく)と読む語呂合わせから、4月19日になりました!

みんなの保育の日プロジェクト

「みんなの保育の日」を通して、これまでに実施したプロジェクトをご紹介します。

今こそ、保育の現場と子どもに目を向ける〜ほいくるが考える「みんなの保育の日」〜

今こそ、保育の現場と子どもに目を向ける〜ほいくるが考える「みんなの保育の日」〜

保育に関する様々な課題が浮き彫りになっているなかで、本当に大事なことってなんだろう。

保育士さんの本音、親の本音、答えのない保育のカタチ、子どもの姿…

「みんなの保育の日」をきっかけに、さまざまな視点から、改めて“保育”というものを見つめ直す記事を、連載しています。

“子どもは社会で育てよう!”みんなの保育の日(2017)

“子どもは社会で育てよう!”みんなの保育の日(4月19日)2017

「子どもは社会で育てよう!」というコンセプトメッセージの元、保育に関係するさまざまな企業や団体で丸1日を通してイベントを開催しました!


2019年保育の日

みんなが考える“理想の保育”って…?〜アンケート結果からみる、理想の保育と現実の保育〜

みんなが考える“理想の保育”って…?〜アンケート結果からみる、理想の保育と現実の保育〜

もしも、条件や制限なく、おもいっきり好きな保育をできるとしたら…
自分だったらどんな保育をするだろう。

とはいえ、園の体制やルール上、なかなかそんな保育ができない…という現状に葛藤やモヤモヤを感じている人も少なくないかもしれません。

保育の無償化やICT化など、保育に関する様々なニュースやサービスが話題になっていますが、日々子どもたちと関わる保育士さん自身は、今の目の前の「保育」についてどんな理想や、想いや課題を抱いているのでしょう…?
(アンケート実施期間:2019年4月10〜15日)

\開催レポート/みんなが考える“理想”の保育って?〜ほいくるミーティング vol.3〜

\開催レポート/みんなが考える“理想”の保育って?〜ほいくるミーティング vol.3〜

もしも、条件や制限なくおもいっきり好きな保育ができるとしたら…
自分だったらどんな保育をするだろう。

子どもたちのいろんなチャレンジを楽しめる保育?
子どもたち一人ひとりの興味関心に合わせた保育?
大人の都合に縛られることなく、おもいっきり子どもの好きなことを楽しめる保育?

…いろんな“やってみたい”保育のイメージが溢れてくるのではないかなぁと思うと同時に、園の体制やルール上なかなかそんな保育ができない…という現状に、葛藤やモヤモヤを感じている人も少なくないかもしれません。

そこで今回「ほいくるミーティング vol.3」では、理想だなと思う保育やその保育へのハードルとなっている課題をみんなで共有してみたり、じゃあどうやったら実現できるだろう?ということを探求してみることにしました!

保育について、改めて向き合うきっかけに

日々、目の前の子どもたちとの関わりや優先されるなかで、そもそも「保育」ってなんだろう…?と向き合う機会は少ないもの。
でも、だからこそ、時にはちょっと立ち止まって考えてみたり、振り返ってみたり、向き合う時間も大切かもしれません。

ここれでは、改めて今の自分の保育について向き合える機会になるような読みもの記事をご紹介します。

「子どもたちは、自分探しの旅をしている」— 汐見稔幸さんが考える本当の“保育の質”とは

「子どもたちは、自分探しの旅をしている」— 汐見稔幸さんが考える本当の“保育の質”とは

2017年に「保育所保育指針」「幼稚園教育要領」そして「幼保連携型認定こども園教育・保育要領」の3法令が改定され、いよいよ今年(2018年)4月に執行となりました。

この3法令の改定は、改めて保育者一人ひとりが、そして私たちほいくるが、自分たちの保育や子どもと向き合う姿勢、そして保育の質について考える機会でもあると思います。

そこで今回、改定にも大きく関わり、保育・幼児教育の第一人者でもある汐見稔幸さんにお話を伺うことにしました。

大豆生田先生と考える。日本の「保育の質」ってなんだろう?

大豆生田先生と考える。日本の「保育の質」ってなんだろう?

共著書「日本が誇る! ていねいな保育 - 0・1・2歳児クラスの現場から-」(2019年7月発行)を小学館より出版された、玉川大学教育学部・教授の大豆生田啓友先生。

大豆生田先生がここで述べている“ていねい”とは、“保育の質” とは何なのか。
じっくりお話を伺いました。

これからの保育の日

ほいくるでは、今後も4月19日をきっかけに、社会全体で、そもそも「保育とは…?」と考える機会を作っていきたいと思っています。

「保育の日に、こんなことをしてみたい!」「こんなことがあれば関わってみたい!」といったアイディアなど、ぜひぜひみなさんのご意見やアイディアお寄せください!

▶こちらまでお気軽にどうぞ

何からさがす?

こどもの姿

カテゴリー

特集

ログイン

ほいくるのIDをお持ちの方は
このページからログインできます。

パスワードをお忘れの方はこちら

登録はお済みですか?

ほいくるメイトになる(登録)

「ほいくるメイト」ってなぁに?