保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる] 保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる]

ほいくるの日(8月8日)

ほいくるの日(8月8日)
ひとりの保育士の閃きからスタートした"ほいくる"。

でも、8月8日がほいくるの日ってどういうこと?

ほいくるの誕生に隠されたヒミツと、知られざる、くすっと笑える歴史をご紹介。


ほいくるの日(8月8日)

8月8日は、“ほいくる”の日。
ほいくるサイトを初めて公開した日です。
2018年の8月8日で、ほいくるは8回目の誕生日を迎えます♪


ほいくるの誕生秘話

ほいくるサイトを実際に公開したのは、2010年8月8日、岩手で全国保育合研が行われていた日。

保育士さんが使うサイトなので、ぜひ保育士さんの話が聞きたい…!と思っていた中で岩手での全国保育合研の話を聞き、「たくさんの保育士さんとお話できるチャンス!」と、まだあそびがたった2つしか掲載されていないほいくるサイトを道中で公開しながら岩手へ向かったのでした…(苦笑)。

出会う保育士さんにほいくるの話をしたりアンケートをお渡ししては、意見をいただいたり。
もちろん、なかなかうまくはいきませんでしたが、それでも、想いある保育士さんがたくさん集まる場を通して、保育の可能性をたくさん感じながらスタートをきりました!


公開当初のほいくる(ガラケーサイトのみでした)

「ほいくる」の名前の由来


ほいくるの名前には、
「Hoiku(保育)」+「Clue(きっかけ)」=HoiClue♪(ほいくる)
という意味が込められています。

名前の通り、ほいくるでは「答え」ではなく、あくまでも「きっかけ」としてあそびのタネや情報を掲載することを大切にしています。

ほいくるに込められた想い

ほいくるは、1人の保育士の「あったらいいな」から生まれました。

たくさんの知識や経験があればあるほどグンと幅が広がる保育ですが、慌ただしい毎日の中で、知識や経験を広げて深めていくことは難しい。
目の前のことにいっぱいになってしまって視野が狭くなってしまったり、自分が出会った保育が保育の全てと思ってしまったり。

そんな、ちょっと大変な状況や不安や負担を楽しさに繋げるために、色々な情報や考えに出会える場を作っていけたら…

足踏みをしてしまうような大人の都合をとっぱらって、子どもたちが遊ぶことを十分に楽しめるような、そして大人だっておもわずワクワク楽しくなっちゃうような、そんな遊びのタネをたくさん紹介できたらいいなと思っています。

そこで、大切なことが1つ。

ほいくるで紹介する内容を子どもたちと楽しむには、その子どもたちの様子を知っている大人がどうやって関わるかがとっても重要です。
季節も年齢も場所も遊び方も、本来「こうしなきゃ!」なんていう決まりはないので、どんどんアレンジして遊びの幅を広げるひとつの“種”として、楽しんでいただけたらと思っています。

ほいくるに関する記事

わたしが“ほいくる”を作った理由

わたしが“ほいくる”を作った理由

ほいくるが生まれて、実はもう7年半。
たった1つの白黒のあそび記事から動き始めました。

保育の世界は独特。
知識や経験があればあるほど、それだけ広い選択や世界のなかで保育ができるのに、なかなかそれが難しい。

ほいくるを始める前、保育士として保育園で子どもに携わっていた私は、自分の視野を広げて引出しを増やしていきたいと焦る一方、日々の忙しさのなかで、いつしか「こなす」ための情報収集をしそうになっている自分に違和感を感じていました。

ほいくるの立ち上げは、そんな状況に踏み込む、ちょっと大きな1歩となりました。
詳細はこちら

こどもの“やってみたい”を、共に楽しめる社会をつくるために。小学館さんと一緒に、HoiClueのこれからについて語ります!

こどもの“やってみたい”を、共に楽しめる社会をつくるために。小学館さんと一緒に、HoiClueのこれからについて語ります!

本日、8月8日はHoiClueの8回目の誕生日です。
HoiClueは「こどもの“やってみたい”って、おもしろい」をタグラインとしてリニューアルを予定しています。
実はこのリニューアルに伴い、大きな変化があります。

それは、HoiClueを運営する株式会社キッズカラーが株式会社小学館と資本業務提携し、お互いの強みを活かしながら事業を展開していく、ということ。

……といきなり言われても、みなさん戸惑ってしまいますよね。
「え、どうして小学館と?」「いままでと何が変わるの?」と、疑問がたくさん湧いてくると思います。

奇しくも、小学館の創立記念日はHoiClueと同じ、8月8日。
そこで今日は、小学館児童学習局の丸澤滋さん、村上奈穂さんと、HoiClue編集長雨宮みなみが、これからのHoiClueについて語ります!
詳細はこちら


これからのHoiClue

これからのHoiClue

子どもたちのイマが、“やってみたい”が溢れるものであって欲しい。そして、それが受け入れられる環境であって欲しい。

そのために、子どもたちの“やってみたい”はどうして大切なのか?どんな環境から生まれるのか?どうしたら大人が"子どものために"と無理して肩肘張らずに、子どもたちの“やってみたい”を共に楽しめるのか?

と、“子ども”と“遊び”について探求したり、楽しめる場として成長していきたいーー。

保育や子育てを取り巻く課題は山積みで答えも一つではありませんが、子どもたち自身から溢れる“やってみたい”を共に楽しめる社会を目指して、HoiClueの新しい挑戦が、はじまります。
詳細はこちら



  • ほいくるライター 雨宮 みなみ
  • ほいくるライター 雨宮 みなみ

ほいくる発起人。
「これはあの子が喜ぶだろうな〜」と子どもの姿を思い浮かべておもわずニンマリしてしまうような、そんな、“子どもの姿に寄り添う“きっかけとして、いろんなあそびを広く共有できる場でありたい!とこだわり強く運営中。
こどもと共鳴した時の、あのなんとも言えない瞬間がたまらなく好き!

URL :
https://hoiclue.jp/
ほいくるライターとは?
ほいくるを運営している遊びクリエイター集団によるオリジナル記事。コドモガラクタラボを通して生まれた遊びや、遊びクリエイティブMTGで生まれた遊びなど、日々こどもの笑顔を思い浮かべながら作成しています。
関連リンク :
https://www.kids-color.co.jp/recruit/
  • 新・ほいくるの準備室からお知らせ
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ