保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる] 保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる]

汐見稔幸さんが提案する、「保育の質」に繋がる5つのヒント

3)今日は昨日の続き。明日は今日の続き。

汐見先生の写真

最近の保育の流れとして、子どもを尊重しようというものがあるでしょう。
でも僕は、その流れを見ていて、「子どもを尊重すること」と、「子どもたちの遊びに保育者が関わらない」ということは違うんじゃないかと思うんですよね。

ーどういうことですか?

遊びが“やりっぱなし”になっているのでは、と感じるんです。
僕は、子ども達が本物の文化のなかで、自分探しの旅ができるようにするためにも、これからの保育は「やりっぱなし」「いつの間にか解散」というのはやめた方が良いと思っていて。

朝は「今日は何やるんだ」と子どもたちが計画したり、考えたりする時間をつくる。
夕方には、「今日けんちゃん、あそこでなに作ったの?」とかね、必ずみんなのやってきたことを共有するミーティングの時間をつくる。

そんな風にしていけるといいんじゃないかと考えています。

例えばね、ミーティングをすると…

ひなちゃん:「赤いお花がないか探したんだけど、見つからなかったの。」

保育者:「なんで赤いお花がほしいの?」

ひなちゃん:「赤いお花をいっぱい集めて使って、こんなの作りたいの!」

たいちゃん:「◯◯公園にあったよ」

ともくん:「じゃあ明日そこに取りに行ってみようよ」

というように、ビビビときた子がその遊びや活動に加わってくることが起きてくるんですよ。保育の中に繋がりができてくる。

汐見先生の写真

今日は昨日の続き。明日は今日の続き、なんですよ。

だからこそ、「今日はなにするの?」「今日は何が面白かったの?」とみんなで共有する時間を、ぜひ作ってほしいなと思うんです。

4)「ミーティング」のススメ

みんなで集まって、子どもたちがやりたいことや考えを自分の言葉で話す時間を持つのが大切な理由って、他にもあってね。

例えば、トンカチの使い方とかでもそうだけど、人間って、最初は物をうまく使えなくても、何度も繰り返しやっていく中で「あ、できた!」って技を習得して、発達していくでしょう。

—はい。

子どもが遊んでいる様子

でも実は、操作としてやったことって感覚的で、どうして使えるようになったのかっていうことを、本人は理解しきれてはいないということが多々あるんですよ。

それをね、「どうやって作ったの?」って他者から問われることで、やったことを振り返って順番を考えたり、なんでこれがこうなったのかっていう因果関係を考えたりするようになっていくんです。

—たしかに私自身も、他者に説明することで、自分がやったことを考えて、掴みなおすことってよくあります。

そう、それが大事で。
最初はうまく言語化して伝えられないんだけど、何度も繰り返すことでトンカチを使いこなせるようになったのと同じように、少しずつ、「トンカチを使うコツは、これで…」とか、「この作品はここをこだわって作ったんだよ」とか伝えられるようになっていくんだよね。

この、「考えて言語化する」という働きは、身体を使う時の脳とは完全に違う回路を使ってやっていることで、そのふたつが繋がった経験が、その子にとって本当の資質・能力になっていく、とぼくは考えています。

行動する、立ち止まる、考える。
行動する、立ち止まる、考える。

ミーティングは、そういう習慣を子どもたちのなかにつくるきっかけになる
んじゃないかと思うんですよ。

ーなるほど。
立ち止まって考える時間が、「あ、わたしこういうことが好きだな」、「ぼく、こんなことしてみたい」と、子どもたちが自分自身で「自分探しの旅」を深めていくことにも繋がっていきそうですね。


イラスト


5)より有意義な「自分探しの旅」へ

汐見先生の写真

そうだね。
我々は子どもたちを誘い出すだけで、何をどうするか掴んでいくのは、子どもたち自身です。

だから、こんな面白い世界もある、あんな面白い世界もあるってことを、子どもたちがいろんなところで発見出来るように整えることを、保育のベースに持っていたいなと思います。

あと、もうひとつだけ言っていいとしたらね、「応援してあげる保育」も、ぜひやってほしい。

—応援してあげる保育、ですか?

子どもたちって経験もスキルも、少ないからすぐ諦めちゃうっていうことも起きやすいでしょう?

—たしかに。

だからね、「はなちゃん、ちょっとこれを使ってやてっみるのはどう?」とか、「あ、けんちゃん、これやろうとしてるんだ。それだったら、たろうくん上手だったよね」とちょっと会わせてみるとか。

そういう応援の仕方も保育のひとつとして、持っていてほしいなと思うんです。

子どもの遊んでいる様子

子どもが何かに取り組み始めたときに、よーく観察して、もしすぐ諦めてしまったらどうしてなのかって考え続けて、そこを少し応援してあげる。

そんな丁寧さやキメの細やかさも、保育の質なんじゃないかなと思います。


子どもたちは、自分探しの旅をしている。
そう思うと自然と関わり方や見え方が変わってくるでしょう?


(前編はこちら)
「子どもたちは、自分探しの旅をしている」— 汐見稔幸さんが考える本当の“保育の質”とは

取材・執筆:三輪ひかり / 取材・編集:雨宮みなみ


あわせて読みたい書籍のご紹介

「さあ、子どもたちの「未来」を話しませんか」

今回の「保育所保育指針」「幼稚園教育要領」「幼保連携型認定こども園教育・保育要領」の改定にかかわった汐見稔幸先生が、それらに込めた思いを、わかりやすく解説したエッセイです。

書籍:さあ、子どもたちの「未来」を話しませんか
著:汐見稔幸 / イラスト:おおえだけいこ
出版:小学館




  • ほいくるライター 三輪 ひかり
  • ほいくるライター 三輪 ひかり

編集者・ライター・保育士

「その人がより、その人らしく生きる」ことを想い描きながら、ワークショップデザイン、企画・編集、執筆をする傍ら、保育園で子どもたちとのんびり暮らしています。関心分野は、家族、子ども、教育や、生きかた。

Twitter :
https://twitter.com/hikarim10

Facebook :
https://facebook.com/hikari.miwa.56

note :
https://note.mu/hikari_miwa

URL :
https://hoiclue.jp/
ほいくるライターとは?
ほいくるを運営している遊びクリエイター集団によるオリジナル記事。コドモガラクタラボを通して生まれた遊びや、遊びクリエイティブMTGで生まれた遊びなど、日々こどもの笑顔を思い浮かべながら作成しています。
関連リンク :
https://www.kids-color.co.jp/recruit/
  • 新・ほいくるの準備室からお知らせ
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ