あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる] あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる]

【2017年度版】子どもにもわかる「ひな祭り」の由来と雛人形のヒミツ(3月3日)


【2017年度版】子どもにもわかる「ひな祭り」の由来と雛人形のヒミツ(3月3日)

ひな祭りに雛人形を飾るのはどうして?

ひなあられを食べると何かいいことあるの?

知っておきたいひな祭りの基本の知識をわかりやすくご紹介◎

ひな祭り(3月3日)

ひな祭りとは、3月3日の桃の節句のことで、女の子のお祝いをする日。
女の子の健やかな成長や幸せを祈ってお祝いをするよ。

どうやって過ごす?

雛人形を飾ろう


雛人形は、立春(2月4日頃)から2月中旬にかけて飾り、ひな祭りが終わったらできるだけ早くしまうのが良いとされているよ。

関東などでは一般的に、お内裏様を向かって左、お雛様を向かって右に飾るよ。
古式を好む京都などでは反対に飾るところが多いそう。

手作りの雛人形も飾って、ひな祭りを楽しもう♪

ひなあられを食べよう

ひなあられには、ピンク、白、緑の色があって、この色にはそれぞれ意味があるよ。
・ピンク…生命
・白…雪の大地
・緑…木々の芽吹き

この3色のひなあられを食べることで、自然のエネルギーを得て元気で丈夫に育つとされているそう。
いろんな色を楽しみながら食べてみよう♪

ちらし寿司やハマグリを食べよう

ちらし寿司やハマグリは縁起のいい食べ物とされていて、ひな祭りの日に食べてお祝いするよ。

雛人形のヒミツ

雛人形は、お雛様やお内裏様の他にも飾られているよ。
ひな壇の上に飾られている、雛人形を上から順にご紹介。

お雛様とお内裏様

天皇と、天皇の奥さんの皇后の2人。
お雛様は檜扇(ひおうぎ)、お内裏様は笏(しゃく)を手に持っているよ。
檜扇(ひおうぎ)
お雛様が持っている扇子のこと。
儀式や行事のマナーなどのメモをこっそり持っていたり、他の人の視線から顔を隠すために(あまり他の人に顔を見せないことがたしなみだったそう)、檜扇は宮中では必需品だったんだって。
笏(しゃく)
お内裏様が手に持っているもの。
笏の裏側には、儀式の順番や注意事項などのメモを隠し持っていたそう。

三人官女(さんにんかんじょ)

お雛様の身の回りのお世話をするよ。
3人のうち1人は眉毛がなかったり(薄かったり)、お歯黒をしていたりして、結婚していることを表すよ。

五人囃子(ごにんばやし)

音楽を演奏する5人組の男性。
右から楽器が小さい順番に並んでいて、一番右の人は歌をうたうよ。
一人だけ楽器を持っていないところに注目してみよう!

随身(ずいじん)

お内裏様とお雛様を守る、右大臣と左大臣の2人組。
左大臣は向かって"右"、右大臣は向かって"左"に座っているよ。
実は、左大臣の方が年上!2人をよーく見比べてみてもおもしろいかも?

市丁(しちょう)

掃除など、いろいろなお世話をするよ。
3人の豊かな表情にも注目してみよう。

どうして雛人形を飾るの?

雛人形は、子どもたちの変わりに病気や事故から守ってくれるとされている。
そのため、女の子が元気で幸せになるようにお祝いやの気持ちや願いを込めて飾るよ。

昔は、紙で雛人形を作って、病気やけがなどのよくないものを持っていってもらうように川に流す「流し雛」をしていたそう。
だんだんと雛人形が素敵なものになってきたので、今は飾ることが多いけれど、昔のように「流し雛」をしてお祝いをするところもあるんだって。


  • ほいくるライター
  • ほいくるライター
ほいくるライターとは?
ほいくるを運営している遊びクリエイター集団によるオリジナル記事。コドモガラクタラボを通して生まれた遊びや、遊びクリエイティブMTGで生まれた遊びなど、日々こどもの笑顔を思い浮かべながら作成しています。
関連リンク :
https://www.kids-color.co.jp/recruit/