保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

HoiClue

カンタン、手作り流しそうめん機〜廃材で気軽に楽しめるおたのしみ装置〜

雨宮みなみ
カンタン、手作り流しそうめん機〜廃材で気軽に楽しめるおたのしみ装置〜

「ながしそうめん、やりたい!」

そんな子どもの突然の思いつきを叶えるべく、狭いスペースでも身近なものを使って楽しめる「カンタン、手作り流しそうめん機」を作ってみました!

ヒントになったのは、こちらのペットボトルウォータースライダー

即興にもかかわらずけっこう楽しめたので…ここでご紹介したいと思います。

材料

・牛乳パック(1リットル)…2本(短くても良ければ、1本でも作れます)

※材料を選ぶときに注意したいこと&代用素材について

使うもの

・はさみ
・養生テープ

作り方

まずは、流しそうめんを流すすべり台を作ります。

1、牛乳パックを、縦半分に切る。
ひとつだけ、底の部分を残したままにし、その他は底を切り取る。

2、1で切った牛乳パックの外側を養生テープでつなぎ合わせる。

※ここでポイントなのが、つなぎ目!
そうめんを流れやすくするために、上流部分のパックの“下”に、牛乳パックを重ねて貼り合わせていきます(写真参照)。
また、重なる部分が多い方が、水が漏れる心配がなくて、安心です。

3、2でつくったすべり台を、室内にあるものを使って、斜めになるように立てかける。
(我が家は、ブロックの箱に養生テープで固定しました。)
流し終わりには、ボウルとザルを設置。
これで、準備完了!

楽しみ方

土台ができたら、いよいよ流しそうめんのはじまりです。
その前に、用意するのがこちら。

用意するもの

・そうめん
・水(大きめのコップや水差しなどに入れておく)
・めんつゆの入ったうつわ
・お箸

いざ!流しそうめん!

準備ができたら、実際にそうめんを流す人と取る人の役割分担を決めます。

まずは、上流部分にそうめんをおいて…
そこへ、水を流し入れます。



流れてきたら、キャッチ!

もし取りそこねても、こんな風にザルがキャッチしてくれるので安心。
(ボウルの水は、たまったら捨てないと溢れるので注意です)

すべり台の角度や、流す水の勢い、そうめんの量によってスピードも変わるので、色々と試しながら楽しめます。

(テーブルとすべり台の隙間に、薬味が入った小皿を並べるのも、なんだか楽しい雰囲気が増してオススメです。)

おまけ

我が家では、気がついたら、そうめんの流し始めの部分に、“目玉シール”が貼られていました。
こわい…

息子にたずねてみると、「ちゃんと ながれるか みはってるの」とのこと。
なるほど・・・

他にも、滑り台をもっともーっと長くしてみたり、曲がり角を作ってみたり、高いところから流してみたりと、いろいろな楽しみ方ができそうなので、よろしければ、おそうめんを食べる際に、ぜひ。

そしてそして、どんな楽しみ方をしたのか、ぜひ #ほいくるをつけて、 TwitterやInstagramで教えてくださーい!差し支えなければ、こちらの記事内にてご紹介させていただきます!

(あぁ、今思うと、残った牛乳パックで人形を作って、食べ終わった後にウォータースライダーごっこしてもおもしろかったかもなぁ。)

何からさがす?

こどもの姿

カテゴリー

特集

ログイン

ほいくるのIDをお持ちの方は
このページからログインできます。

パスワードをお忘れの方はこちら

登録はお済みですか?

ほいくるメイトになる(登録)

「ほいくるメイト」ってなぁに?