保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる] 保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる]

【絵本×あそび】紙皿ゆらゆら流し雛〜絵本/おひなさまの いえ〜

【絵本×あそび】紙皿ゆらゆら流し雛〜絵本/おひなさまの いえ〜
売れ残ってしまったお雛様たちは、住む家を探しにお店を出発!

なかなかお家は見つからず、みんなががっかりしていると、川から流し雛が流れてきて…。

果たしてお家は見つかるかな?元気なひな人形たちのお話をご紹介!


あそびの元となった絵本

絵本名:おひなさまの いえ
作:ねぎしれいこ
絵:吉田朋子
出版社:世界文化社

出版社からの内容紹介

真夜中の雛人形のお店で、おひなさまの声がします。
「わたしたちだけになっちゃったわ」
「こうしちゃいられないよ」
売れ残ってしまったおひなさまたちは、住む家を探しに出ました。
でも、こけしがいたり、五月人形が住んでいたり……。
なかなか空いている家は見つかりません。
そこに流し雛がやってきて、いっしょに川下り。
そして、見つけたのは、ぼろぼろの古家。
さあ、おひなさまたちはどうするのでしょう……。
自分たちの住む家は自分たちで探す。
元気なおひなさまたちのおはなしです。
対象年齢3歳から6歳。
出典:絵本ナビ

どんな絵本?

・自分たちで住む家を探しに行く、元気なお雛様たちの姿にわくわくする絵本。

・表情豊かなひな人形たちの姿が楽しい絵本。

・お話と一緒に、流し雛のひみつも学べる絵本。

・布や紙を使って描かれた温かみのある挿絵が特徴的!

・ページいっぱいに広がるお雛様たちの着物に、思わず目を惹かれる絵本。


絵本からの発展あそび

紙皿ゆらゆら流し雛

絵本の中のお雛様たちみたいに、ゆらゆら揺れる船に乗った流し雛を作ろう!

材料
・トイレットペーパーの芯
・紙皿
・色画用紙
・折り紙

使うもの
・はさみ
・のり
・ペン

作り方
1、紙皿を半分に折る。

2、折り紙をビリビリとちぎり、紙皿に貼る。

3、トイレットペーパーの芯を半分にし、肌色の折り紙を巻く。

4、3の肌色が半分程度見えるよう、赤と青色の折り紙をそれぞれ巻く。

5、ペンで髪の毛や顔を描き、画用紙で冠や扇子を作り4に貼る。

6、5のひな人形を2の紙皿にのりで貼り付けたらできあがり!

★ここでポイント★

・それぞれの流し雛をみんなで並べて、一本の大きな川にして飾っても楽しめる。

・紙皿の船は折らずに、そのままひな人形を貼ってもOK!
 大きな川を作って並べれば、流し雛の壁面飾りに。

・三人官女や五人囃子…絵本の中にでてくる彼らは一体どんな人?
 そんなひな祭りについて、詳しいヒミツはこちら
 ⇒女の子のお祝い「ひな祭り」のあれこれ(3月3日)


  • ほいくるライター
  • ほいくるライター
ほいくるライターとは?
ほいくるを運営している遊びクリエイター集団によるオリジナル記事。コドモガラクタラボを通して生まれた遊びや、遊びクリエイティブMTGで生まれた遊びなど、日々こどもの笑顔を思い浮かべながら作成しています。
関連リンク :
https://www.kids-color.co.jp/recruit/
  • 年齢:
    幼児
  • 活動場所:
    室内
  • 手軽度:
    ★★(やや準備が必要な遊び)
  • 新・ほいくるの準備室からお知らせ
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ