保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる] 保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる]

どんぐりコロコロ部屋ゲーム〜廃材×どんぐりで楽しむゲーム遊び〜

どんぐりコロコロ部屋ゲーム〜廃材×どんぐりで楽しむゲーム遊び〜

使う廃材は…そう、卵パック!

横に傾けたりジャカジャカ振ってみたり。どんなルールにしようかな?

ルールを自分で決められるのも、またおもしろい!


材料

・卵パック
・折り紙
・どんぐり


使うもの

・のり
・はさみ
・ビニールテープ(セロハンテープでもOK)
・油性ペン
・絵の具
・木工用ボンド


作り方

1、ペットボトルの飲み口やコインを使って、折り紙に円を描いて切り抜く。


2、卵パックの底が平らな方に、1をのりで貼る。


3、どんぐりに色を塗る。
油性ペンや、絵の具と木工用ボンドを1:1で混ぜたもので塗る。
色落ちしないように、乾いたらニスを塗る。



4、どんぐりを好きなだけ入れて、ふたをする。


5、周りをビニールテープ(セロハンテープでもOK)で留めたらできあがり!


遊び方

1、いろんなルールで遊んでみよう!
(ここから下の画像は見やすくする為にふたを開けているが、実際はふたを閉じた状態で遊ぶ)
まずは1箇所にどんぐりを集めてみる。
赤い部屋に集める、青い部屋に集める…など、折り紙の色に合わせて移動させてみるのもおもしろい。



2、赤いどんぐりは赤い部屋に入れてみよう!
上手く入るかな…?



3、全部の部屋に、1個〜2個どんぐりを入れてみよう!
その他にも、青い部屋には青いどんぐり、赤い部屋には赤いどんぐりを入れてみたり…いろんなルールで楽しめる♪


★ここでポイント★

・少ない個数の卵パックで作れば、幅広い年齢で楽しめそう。

・ルールは無限大!自分だけのルールを考えたり、お友だちの考えたルールで遊んでみたり…楽しみ方いろいろ。

・丸く切った折り紙に点数を書いて、お友だちと競争するのもおもしろそう!

・どんぐり以外にも、丸めた紙粘土やビー玉などでも代用できる。

・アレルギーの子どももいるので、廃材を使用する際には安全面に配慮する(保管や片付けの際にも、他の廃材と混在しないよう配慮する)。
 ⇒代用素材はこちら



  • ままくるライター Kaori-itou
  • ままくるライター Kaori-itou

小学生男女児、幼稚園男児の3児の母。短大食物科、美大デザイン科卒業後、木製椅子メーカーに勤務。
退職後たまたまテレビで見た子供向け造形教室にときめき、造形教室アシスタントで経験を積んだ後、自宅と出張で教室を開催中。
子供達のアイデアと作品には毎回感動の連続で、とてもかなわないと思う。
ほいくるでの記事作成を通して短時間でもいかに楽しくアートな作品を作れるか知恵を絞り、自分の引き出しも広がっていくのを実感中。

ままくるライターとは?
かくれ保育士さん(潜在保育士さん)や、保育士資格は無いけれど、子どもとの遊びを楽しんでいる子育て中のママさんが投稿してくれた記事。子育てしながら無理なくできるお仕事として、楽しみながら記事投稿してくれています。
関連リンク :
https://mamaclue.me/
  • 年齢:
    幼児
  • 活動場所:
    室内
  • 手軽度:
    ★★★(事前準備が必要な遊び)
  • 2018年夏、「ほいくる」は生まれ変わります
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ