あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる] あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる]

株式会社グローバルキッズ〜インタビュー編〜

株式会社グローバルキッズ〜インタビュー編〜

インタビュー編では、グローバルキッズが生まれたきっかけや保育の特徴、そこに込められた想いなどについて、代表の中正雄一さんにたっぷりお話を伺ってきました♪
保育の様子編はこちら


保育園を運営しようと思ったきっかけは?

保育の現場に足を踏み入れたきっかけはまったくの偶然で、この業界のことは実は全然知りませんでした。
尊敬している上司が独立し、保育園経営をするのをきっかけにこの世界に入ったんです。
30歳のおっちゃんが、いきなり現場に入らされて(笑)。
子どもは好きでしたが、自分が保育をやるなんて、それまで想像もしていませんでした。

僕のスタートは「保育士ってすごい!」というところから。
おむつの替え方から何から、真っ白なところから教えてもらって、ありがたいなと思いました。

それから「保育士はすごい仕事をしているのに給料が低い」ということに気づいて、「自分だったらこうしたい」という思いを持って起業しました。
経営者としてなら、自分が気づいたことを改善していけます。

「経営者になりたい」と思って人生を歩んできたわけでなく、たまたまそういうきっかけをいただいただけ。でも、「天職だ」と思えるくらい自然にのめりこめたのは、ラッキーだったなと思っています。

グローバルキッズが運営する保育園の一つ(西落合保育園)


保育園を運営していく上で大切にしていることは何ですか?


保育園を経営するうえで最も気をつけているのは、保育士が社会的地位を確立すること。
子どもはもちろんですが、それ以前に、保育をする人が幸せじゃないと、子どもたちをきちんとケアできないと思っています。

保育士という仕事に、プロとしての誇りをもってやってもらえるようにしたいなと。
海外研修を取り入れて、人としての成長につながることを率先して取り入れたりしています。
現場をどう守るか、現場をどう高めていくかは、ブレずにやってきたつもりです。
理念はきっちりと守っていこうと。

  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ