あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる] あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる]

カニさんの楽器〜バチで叩いて楽しむ手作りおもちゃ〜

カニさんの楽器〜バチで叩いて楽しむ手作りおもちゃ〜

身近な廃材が本格的な楽器に大変身!

カニさんのお腹を木琴のようにバチで叩くと…どんな音がするのかな?

幼児さんから楽しめて、音あそびに触れるきっかけにも!


材料

・色画用紙
・牛乳パック 2個
・モール
・トイレットペーパーの芯(サランラップ芯でもOK) 4個
・割り箸
・ペットボトルのキャップ 2個

使うもの

・はさみ
・セロハンテープ
・カラーテープ
・きり

作り方

1、色画用紙と牛乳パックで、カニのはさみを作る。牛乳パック2つの側面の柄が隠れるように色画用紙を貼りつける。



2、色画用紙で直径10cm程の円を2つ作り、それぞれの四分の一をカットし、はさみを作る。1の牛乳パックの飲み口部分に貼る。

3、次にカニの足を作る。色画用紙を長さ5cm程のソーセージのような形に8本作り、2の牛乳パック下半分にそれぞれ4本ずつ貼りつける。



4、次にカニの目を作る。トイレットペーパーの芯を3cm幅に輪切りにしたものを2つ用意し、輪にそれぞれ一つ穴をあける。

5、5cm程に切ったモールを4の穴に通す。円の内側に出たモールの先端に、黒いカラーテープを巻きつける。

6、トイレットペーパーの芯の一つに、目をつける穴を2つあける(真ん中あたりに並列に)。

7、5のモールを6の穴に通し、内側でねじるか、テープでとめて固定する。

8、7のトイレットペーパーの芯が一番上にくるように、3つの芯を、2つの牛乳パックの間に縦に並べて貼りつける(写真のように芯の先端に切り込みを入れると貼りつけやすい)。



9、次に、楽器を叩くバチを作る。ペットボトルキャップの一つにきりで穴をあけ、割り箸を挿す。上からもう一つのペットボトルのキャップを重ね、カラーテープで巻いて固定する。カニさんの楽器のできあがり♪


トイレットペーパーの芯をバチで叩いて、楽しんでみよう!

★ここでポイント★

・トイレットペーパーの芯、ラップの芯どちらを使ってもOK。長さが変わると音が変わる!?

・トイレットペーパーの芯と芯の間には隙間を作った方が叩きやすく、音も鳴りやすい。

・牛乳パックに羽をつけてチョウチョや、手足をつけてカエルなど、他の動物にアレンジしてもおもしろい。

・バチを2本にして叩いたり、芯の数を増やしてみるなど、音を鳴らす楽しみを増やすこともできる。

・牛乳パックはバチの収納場所としても使えるよ!

・きりの使用には十分注意し、子どもが難しい場合には大人が手伝うなど配慮する。

・アレルギー反応が強い子もいるので、廃材を使用する際には安全面に配慮する(保管や片付けの際にも、他の廃材と混在しないよう配慮する)。
 ⇒代用素材はこちら


  • ままくるライター
  • ままくるライター
ままくるライターとは?
かくれ保育士さん(潜在保育士さん)や、保育士資格は無いけれど、子どもとの遊びを楽しんでいる子育て中のママさんが投稿してくれた記事。子育てしながら無理なくできるお仕事として、楽しみながら記事投稿してくれています。
関連リンク :
https://mamaclue.me/
  • 年齢:
    幼児
  • 活動場所:
    室内
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ