保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

HoiClue

子どもに伝える、大切な「終戦記念日」(8月15日)

雨宮みなみ
子どもに伝える、大切な「終戦記念日」(8月15日)


子どもたちに伝えるにはちょっぴり難しいけれど、きちんと伝えておきたい大切な日「終戦記念日」。

「戦争」ってなぁに?どうやって過ごす?

終戦記念日について、子どもたちにもわかりやすくご紹介。



終戦記念日(8月15日)

8月15日を終戦記念日といい、みんなが生活している日本という国が戦争をしないと約束した日。

戦争ってなぁに?

みんな生まれるずっと前、1945年の8月15日まで、日本は他の国とけんかをして戦っていたことがありました。
これを「戦争」と言います。

1945年8月6日には広島県という場所に原子爆弾という大きな爆弾が落とされ、8月9日には長崎という場所にも同じ爆弾が落とされました。
たくさんの人が亡くなったり、けがをしたり、家族や友だちと離れ離れになったり、家が焼けてなくなったり、食べ物がなくなったりして、とても辛くて悲しい思いをしました。

だから、8月15日に「もうこれから二度と戦争はしません」というお約束をし、戦争を終わらせたのです。

どうやって過ごす?

「戦争」について知ろう

昔起こった戦争について、先生やお家の人、おじいちゃんやおばあちゃんに聞いてみよう。

とっても悲しいことだけれど、これからまた同じように戦争を起こすことがないように、悲しかった出来事を忘れないようにしていかなくてはなりません。

みんなで、命の大切さについても考えてみよう。
命ってなんだろう。戦争って、どれくらい悲しくて恐いことなんだろう。

子どもの年齡に合わせて、絵本を読んでみてもいいかもしれません。

お祈りをしよう

戦争で亡くなった人たちがゆっくり眠れるように「もう戦争はしません」という思いを込めてお祈りをしよう。
1963年からは毎年、みんなで黙祷というお祈りをする式が開かれています。

黙祷(もくとう)…声を立てずに、目をつぶったり手を合わせて軽く頭を下げたりして、お祈りをささげることを黙祷といいます。



何からさがす?

カテゴリー

特集

ログイン

ほいくるのIDをお持ちの方は
このページからログインできます。

パスワードをお忘れの方はこちら

登録はお済みですか?

ほいくるメイトになる(登録)

「ほいくるメイト」ってなぁに?