保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる] 保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる]

パタパタ羽ばたく鳥のおもちゃ〜トイレットペーパーの芯で楽しむ製作遊び〜

パタパタ羽ばたく鳥のおもちゃ〜トイレットペーパーの芯で楽しむ製作遊び〜

輪ゴムを持って上下に揺らすと、パタパタ羽ばたく鳥のおもちゃ。

鳥と一緒に元気に飛び回って遊んだり、遊ばない時間は青空を背景にした窓辺に吊るしておいたり。

作って楽しい、遊んで楽しい、廃材を使った製作遊び。


材料

・トイレットペーパーの芯
・画用紙
・単一電池
・輪ゴム×3


使うもの

・クリップ
・はさみ
・のり
・クレヨン
・キリ
・セロハンテープ


作り方

1、トイレットペーパーの芯の中心に、キリで1か所穴をあける。

画用紙で鳥の頭と羽のパーツを作る。



2、顔や羽に自由にお絵かきをする。


3、単一電池の真ん中に2本重ねた輪ゴムを巻き、セロハンテープで固定する。
クリップを伸ばしてフックのようにし、輪ゴムかけを作る。



4、電池に巻いた輪ゴムにクリップを引っかけたら、トイレットペーパーの芯の中に入れる。


5、芯に開けた穴の内側からクリップを出すと、輪ゴムも一緒に出てくるよ。


6、クリップを外して、もう1本の輪ゴムを結び付ける。
鳥の頭と羽をセロハンテープで芯に貼り付けたら、できあがり!



遊び方

輪ゴムに手を通し、上下に動かしてみよう。
鳥の羽がパタパタと羽ばたくよ。



★ここでポイント★

・電池は単一のようなしっかりとした重さがあるものがオススメ。
芯の中に入るサイズの重量感のある石でも代用できます。

・室内で作って遊ぶだけでなく、鳥を上下に動かして、戸外で一緒に走ってみるのもおもしろい。

・大きさの異なる鳥をいくつか作って、群れのようにみんなで持って走ったりと、遊びも色々と生まれそう。

・保育参観(保育参加)を通した親子製作などで、大人と役割分担して作るのも、楽しみ方の1つ!


  • ままくるライター まぃまぃ
  • ままくるライター まぃまぃ

保育士歴10年。6歳と3歳の男の子のママ。
子どもたちの発想によってどんどんあそびが発展できるようにすることと、子どもと一緒にあそびを作り上げていくイメージを大切に記事を書いています。
製作あそびを通して今子ども達がどんなことに興味を持っているか発見したりしながら、一緒にワクワク気分を楽しんでいます♪

ままくるライターとは?
かくれ保育士さん(潜在保育士さん)や、保育士資格は無いけれど、子どもとの遊びを楽しんでいる子育て中のママさんが投稿してくれた記事。子育てしながら無理なくできるお仕事として、楽しみながら記事投稿してくれています。
関連リンク :
https://mamaclue.me/
  • 年齢:
    幼児
  • 活動場所:
    室内
  • 手軽度:
    ★★★(事前準備が必要な遊び)
  • 2018年夏、「ほいくる」は生まれ変わります
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ