保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる] 保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる]

【2018年度版】エイプリルフール(4月1日)

【2018年度版】エイプリルフール(4月1日)

1年に1度、ウソをついてもいい日「エイプリルフール」!

ところでエイプリルフールって、誰が決めたの?ルールがあるってほんと?

そんなドキドキワクワクのエイプリルフールについてのあれこれをご紹介!


エイプリルフール(4月1日)

4月1日にはウソをついても大丈夫という風習のこと。
エイプリルフール(April Fool)は英語で、「騙された人」を意味するよ。

誰が決めたの?

エイプリルフールがどうやって決まっていつ始まったのかははっきりとはわからないそう。
いくつか由来があって、その中の一つはフランスからきているんだって。

フランスでは昔、3月25日を新年として4月1日までお祝いをしていたそう。
そんな中、フランスの王様が1月1日を新年にしようとしたところ、反発した人が4月1日を「ウソの新年」としてお祝いし、大騒ぎをしたよ。
それに怒った王様がウソの新年をお祝いした人を次々に殺してしまったんだって!
そんな悲しい出来事を忘れないように、4月1日をエイプリルフールとしてお祝いするようになったそうだよ。

ウソをついてはいけない年がある?

エイプリルフールにはウソをついてはいけない年があるって知っていたかな?
実は、フランスの事件で殺されてしまった13歳の女の子にちなんで、13年に1度は本当のことしか言ってはいけないそう。
「逆エイプリルフール」といって、次の逆エイプリルフールは2019年。
でも、時間が経つにつれて忘れられてしまい、この習慣はあんまり残っていないんだって。

午前中しかウソをついちゃいけないってほんと?

国によっては、エイプリルフールでウソをついていいのは4月1日の午前中までと言われているよ。
午後には自分がついたウソをばらさないといけないんだって!

日本では午前午後関係なく、4月1日の間ならウソをついてもOKとされているのが一般的だけれど、だんだんと「午前中しかウソをついちゃいけない」というルールが広まってきているみたいだよ。

「ウソ」をつくこと

ウソをついている間はドキドキワクワク…
「ウソをついてもOK!」なんて日はなかなかないし、つい色々なウソをつきたくなってしまうけれど、ウソをつかれた人はどんな気持ちだろう?

ウソをつかれた人が悲しくなったり、嫌な気持ちになったりしてしまったら、せっかくのエイプリルフールも楽しくなくなってしまうかも。
ウソがばれた後もみんなが笑顔になれるようなウソをつけるといいね!

おまけ

エイプリルフールにちなんで「ウソ」を使った遊びをご紹介!
うそほんとゲーム〜頭と体を使って楽しむドキドキゲーム遊び〜

詳しくはこちら
 ⇒うそほんとゲーム〜頭と体を使って楽しむドキドキゲーム遊び〜


  • ほいくるライター
  • ほいくるライター
ほいくるライターとは?
ほいくるを運営している遊びクリエイター集団によるオリジナル記事。コドモガラクタラボを通して生まれた遊びや、遊びクリエイティブMTGで生まれた遊びなど、日々こどもの笑顔を思い浮かべながら作成しています。
関連リンク :
https://www.kids-color.co.jp/recruit/
  • 2018年夏、「ほいくる」は生まれ変わります
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ