保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる] 保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる]

焼きりんご×アップルクランブル〜りんごをたっぷり使ったとっておきおやつ〜

焼きりんご×アップルクランブル〜りんごをたっぷり使ったとっておきおやつ〜

今にもあま〜い匂いがしてきそうな、甘酸っぱいりんごとサクサクほろほろのクランブル。

袋に入れてもむだけで、あっという間に生地のできあがり!

3時のおやつにぴったりの、りんごをたっぷり使ったおやつの作り方をご紹介。


材料

焼きりんご
・りんご中1個
・バター又は好みの油大さじ3分の2
クランブル
・小麦粉又は米粉…45g
・バター又は好みの油…20g
・砂糖…20g

使うもの

・包丁
・まな板
・ポリ袋…2枚
・フライパン
・耐熱皿
・オーブントースター


作り方

1、りんごをよく洗って皮をむき、4等分に切る。
芯を取って7mm前後の厚さに切っていく。
※無農薬のりんごなら、皮をむかずに作ってもOK!



2、フライパンにバターか油をひいてりんごを焦げ目がつくまで炒める。
紅玉などの酸味の強いりんごは、好みで砂糖をまわしかけて焼いてもOK。



3、クランブルを作る。
2重にしたポリ袋に、粉、バター(1cm角に切ったもの)、砂糖を入れて口をしっかりしばる。



4、材料がよく混ざるまで手でもんで混ぜる。


5、混ざったら袋の口をはさみで切って、耐熱皿に入れた焼きりんごの上にまんべんなくかけ、オーブントースターで12〜15分焼いたらできあがり!
※途中で焦げそうになったらアルミホイルをかぶせて時間まで焼く。



いい匂いがしてきそう♪

★ここでポイント★

・クランブル生地がまとまりにくいときは、ティースプーンで1杯ずつ牛乳や豆乳などを足してもOK!
ぽろぽろしていても大丈夫なので、水分はできるだけ少なめにする。

・生のりんごと焼いた後のりんごを食べ比べてみると、なにかおもしろ発見があるかも…?
どんな風に違うかお友だちやお家の人と話してみよう♪

・りんごには色んな品種があるよ。名前や特徴を調べてみよう!


  • ままくるライター Kaori-itou
  • ままくるライター Kaori-itou

小学生男女児、幼稚園男児の3児の母。短大食物科、美大デザイン科卒業後、木製椅子メーカーに勤務。
退職後たまたまテレビで見た子供向け造形教室にときめき、造形教室アシスタントで経験を積んだ後、自宅と出張で教室を開催中。
子供達のアイデアと作品には毎回感動の連続で、とてもかなわないと思う。
ほいくるでの記事作成を通して短時間でもいかに楽しくアートな作品を作れるか知恵を絞り、自分の引き出しも広がっていくのを実感中。

ままくるライターとは?
かくれ保育士さん(潜在保育士さん)や、保育士資格は無いけれど、子どもとの遊びを楽しんでいる子育て中のママさんが投稿してくれた記事。子育てしながら無理なくできるお仕事として、楽しみながら記事投稿してくれています。
関連リンク :
https://mamaclue.me/
  • 年齢:
    幼児
  • 活動場所:
    室内
  • 手軽度:
    ★★★(事前準備が必要な遊び)
  • 新・ほいくるの準備室からお知らせ
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ