保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる] 保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる]

巨大!にょろにょろヘビ〜新聞紙で楽しむワクワク製作遊び〜

巨大!にょろにょろヘビ〜新聞紙で楽しむワクワク製作遊び〜

クネクネにょろにょろ…巨大なヘビがやってきたー!!

新聞紙を折って繋げて揺らしたら、まるで本物みたいな動きがおもしろい♪

お友達と一緒に「よーいどん!」ヘビ競争も楽しめる、アイディア製作遊び。


材料

・新聞紙
・たこ糸
・画用紙
・ストロー


使うもの

・のり
・はさみ
・クレヨン
・セロハンテープ


作り方

1、まず、ヘビを作る。
新聞紙を横半分に折り、開いている部分が右側にくるようにし、左の角を斜め上に折る。



2、上の長方形部分を下に折る。


3、新聞紙をひっくり返し、右下の角を左上に折る。


4、反対側の角を、重ねるように右上に折る。


5、上の三角形部分の1枚のみ、手前下に折る。
三角形の袋の中に、4ではみだした右部分を折り返して入れ込む。



6、最後に、残っている上の三角形部分を内側に入れ込んだら、ヘビのパーツのできあがり!


7、このパーツと同じものを5つ作る。


8、7のヘビのパーツに、ちぎった画用紙をのりで貼り、クレヨンで顔を描く。


9、赤い画用紙で舌を作り、のりで貼る。
次に、ストローを短く切り、ヘビを繋げるパーツを作る。



10、たこ糸に9のストローを結び付け、ヘビを繋げていく。
ヘビのパーツに穴を開け、ストロー付きのたこ糸を通してしっぽにする。
次のパーツに穴を開け、しっぽとは逆向きにパーツを置き、糸を通す。



11、全てのパーツにたこ糸を通し、新聞紙の内側でたこ糸をセロハンテープでとめたらできあがり!
※3つ目からは、しっぽと同じ向きにパーツを置いてたこ糸を通していくと、ヘビの形になる♪



5つ繋げると、こんなになが〜いヘビになったよ♪


床に置いて、たこ糸を左右に動かしてみると…
巨大なにょろにょろヘビがやってきた!


★ここでポイント★

・パーツをたくさん作ってなが〜いヘビ作りに挑戦してみるのもおもしろそう!

・新聞紙の他に、包装紙や画用紙など、いろいろな大きさの長方形の紙で作ってみると、サイズ違いの親子ヘビができあがる。

・その他、おもしろヘビに関する記事はこちら
 ⇒ニョロニョロへび〜動きが楽しい手作りおもちゃ〜
 ⇒うずまきへびさん〜びよーんと伸びるおもしろ製作遊び〜



  • ままくるライター まぃまぃ
  • ままくるライター まぃまぃ

保育士歴10年。6歳と3歳の男の子のママ。
子どもたちの発想によってどんどんあそびが発展できるようにすることと、子どもと一緒にあそびを作り上げていくイメージを大切に記事を書いています。
製作あそびを通して今子ども達がどんなことに興味を持っているか発見したりしながら、一緒にワクワク気分を楽しんでいます♪

ままくるライターとは?
かくれ保育士さん(潜在保育士さん)や、保育士資格は無いけれど、子どもとの遊びを楽しんでいる子育て中のママさんが投稿してくれた記事。子育てしながら無理なくできるお仕事として、楽しみながら記事投稿してくれています。
関連リンク :
https://mamaclue.me/
  • 年齢:
    幼児
  • 活動場所:
    室内
  • 手軽度:
    ★★(やや準備が必要な遊び)
  • 新・ほいくるの準備室からお知らせ
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ