小学館IDへの移行に関する重要なおしらせ

保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

HoiClue

パラバルーン(ぼうし)〜発展する動きが楽しめる表現方法〜

ほいくる編集部
更新日:2022/06/02 掲載日:2016/08/21
パラバルーン(ぼうし)〜発展する動きが楽しめる表現方法〜
みんなで力を合わせて同じ動きをするパラバルーン。
ふわっとバルーンを浮かせておしりで閉じたら…大きな大きなぼうしみたいに!

タイミングやリズムを合わせてるからこそ、できたときにみんなでその喜びが味わえるパラバルーン遊び。

遊び方

1、パラバルーンを囲んで立ち、パラバルーンの端を持ってピンと張る。

2、合図があったら、バルーンの中に空気を含みながら中心に向かって進む。

3、次の合図で、パラバルーンを背にしてパラバルーンのフチに体操座りをする。

バルーンの中の空気がいっぱいたまって、ふわっふわなぼうしみたい♪

ポイント!

・やり方2は、バルーンの中の空気が抜けてしまわないように、すぐにバルーンを閉じるのがポイント!

・発展として、座らずに外側を向いて立ち、手拍子をしたりポーズを決めたりするアイデアも!

・「せーのっ!」など、みんなで声を掛け合いながらタイミングを合わせるのが、キレイなぼうしを作るポイント。



いろいろなパラバルーンあそびが載っている記事はこちら

パラバルーンの表現方法まとめ〜基本の動きから大技まで大集合!〜

パラバルーンの表現方法まとめ〜基本の動きから大技まで大集合!〜

運動会などでも親しまれている、パラバルーン。
友だちと一緒に遊ぶからこその楽しさがつまった遊びです。

波や行進、シーソーにメリーゴーランド、ロケットにポップコーンなど…
この記事では、小さな動きから、あっと驚く大技まで、いろいろな表現方法をご紹介します。