保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる] 保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる]

パラバルーン(シーソー)〜身体を大きく使ってダイナミックさを表現する方法〜

パラバルーン(シーソー)〜身体を大きく使ってダイナミックさを表現する方法〜

パラバルーンを左右交互に持ち上げて、シーソーを表現!

友だちと声をかけ合いながら、ギッタンバッコン♪

タイミングやリズムを合わせる楽しさや、力を合わせて頑張ったからこその喜びも味わえる♪


やり方

1、パラバルーンを囲んで立ち、フチを持つ。
この時、パラバルーンがピンと張るようにするのがポイント!

2、合図があったら、円の右半分の子はしゃがんでバルーンを下げ、左半分の子はバンザイをしてバルーンを高く上げる。

3、次の合図で、2の左右を交代する。(右半分:バンザイ、左半分:しゃがむ)

4、2〜3を繰り返す。

何度も繰り返すと、まるでシーソーみたいに♪

★ここでポイント★

・「ギッコン、バッタン」など、かけ声をかけると、リズムやタイムングを合わせやすい。

・なるべく身体を大きく使うことを意識すると、より動きのあるシーソーが表現できる。

・はじめは、パラバルーンの両脇に保育士が立ち、シーソーの上げ下げをリードすると楽しみやすい。



  • ほいくるライター
  • ほいくるライター
ほいくるライターとは?
ほいくるを運営している遊びクリエイター集団によるオリジナル記事。コドモガラクタラボを通して生まれた遊びや、遊びクリエイティブMTGで生まれた遊びなど、日々こどもの笑顔を思い浮かべながら作成しています。
関連リンク :
https://www.kids-color.co.jp/recruit/
  • 年齢:
    幼児
  • 活動場所:
    戸外
  • 手軽度:
    ★★(やや準備が必要な遊び)
  • 2018年夏、「ほいくる」は生まれ変わります
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ