保育と遊びのプラットフォーム[ほいくる]

おりひめ&ひこぼしすごろく〜2人で楽しめる七夕遊び〜

ほいくる編集部
更新日:2024/06/24 掲載日:2016/06/27
おりひめ&ひこぼしすごろく〜2人で楽しめる七夕遊び〜
7月7日は年に一度の七夕の日。
織姫と彦星は無事に出会えるかな?

そんな七夕に寄せて、一風変わったオリジナルのすごろく遊び。

材料

画用紙

使うもの

  • はさみ
  • のり
  • 描くもの

作り方

1、画用紙を切り抜いて、スタート地点、ゴール地点、コマがとまるマスを作る。
七夕すごろくのスタート地点は、織姫からのスタートと彦星からのスタートの2つを作る。

今回は、画用紙を切り抜いて作りましたが、直接画用紙に描いてもOK。

2、画用紙に、1を貼っていく。
まずはスタート地点とゴールから。
ゴールは、それぞれのスタート地点の真ん中に貼る。(2人が出会える場所になる)。


3、スタートとゴールをつなぐように、マスを貼り、マスとマスの間に線を引いてつなげる。
それぞれのスタートからゴールまで、同じ数だけマス目を作ったら準備完了!



(おまけ)
コマは、画用紙でも作ることができます。

遊び方

まずは、織姫役と彦星役を決めて、基本的なルールで遊んでみよう!

  • サイコロで出た目が大きい方の人からスタート。
  • 交互にサイコロを振り、出た目の数だけ進む。
  • 先に到着した人は、相手が来るのを待つ。

【アレンジ編】

  • サイコロを振る回数を決めておき、その回数までにお互いがゴールする。
  • ピッタリにゴールしないとあがれない。(例えば、ゴールまでのマス目が4つなのに、サイコロの目が6だった場合は、ゴールから2つ戻る、など)
  • 織姫と彦星の他に、「流れ星」「水牛」などのコマを作って、誰が最初にゴールするか競う。

などなど。

ポイント!

・絵を描いたり、折り紙を折ったり、織姫と彦星のコマは自由に作ろう!

・「疲れたので一回休み」「鳥が乗せていってくれた。3マス進む。」など、マス目にいろんなしかけを書き込んでみてもおもしろい!

七夕に関する記事はこちら

七夕とは?(7月7日)〜子どもに伝えやすい行事の歴史や由来、過ごし方アイデア〜

七夕とは?(7月7日)〜子どもに伝えやすい行事の歴史や由来、過ごし方アイデア〜

夏といっしょに近づく七夕の季節。
笹を飾ったりするけれど、どうやって過ごす?短冊ってどうして書くの?

子どもに伝えやすい「七夕」の由来と、七夕飾りや織姫・彦星の製作アイデア、絵本などをご紹介!