あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる] あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる]

【工作コラム】間違い探しアパート〜素材/牛乳パック〜

【工作コラム】間違い探しアパート〜素材/牛乳パック〜

我が家の息子が大好きな「間違い探し」を立体工作にしてみました。
使う素材は…「牛乳パック」です。


エピソード

我が家の息子は最近、「間違い探し」が大好き。

本屋で「何か一冊買ってあげるよー」と伝えると迷わず間違い探しコーナーに向かったり(結構種類があるんです)お菓子を買うときに、おまけに間違い探しが付いているものを選んだり、とにかくブームがきてるみたい。

先日、とうとう
「保育園行ってる間に、間違い探し作っておいて!」
と言われたので、今週のほいくる工作はこれにしよう…!と思いました。

ちょっと変わった、立体の間違い探しです。

材料

・牛乳パック 2本
・画用紙
・色画用紙


アレルギー反応が強い子もいるので、廃材を使用する際には安全面に配慮する(保管や片付けの際にも、他の廃材と混在しないよう配慮する)。
 ⇒代用素材はこちら

使うもの

・カッターまたはハサミ
・両面テープ
・ペン


作り方

1、2本の牛乳パックの先端(折り線のある部分)をそれぞれ切り落とします。


2、1の牛乳パックに、両面テープで色画用紙を貼ります。
面ごとに、色を変えてみました。



3、窓を作ります。
1辺4cmほどの正方形に切った紙を10枚前後用意します。
写真のように2枚を対にして、「似ているけどちょっと違う顔」を描いていきます。
1〜2対ほど「違いの無い顔」も作っておきましょう。



4、それぞれの牛乳パックの同じ場所に、3で作った窓を両面テープで貼りましょう。


5、余ったスペースには、ペンで間違い探しができる絵を描きます。


6.こちらの面には折り紙で作った窓も貼ってみました。これで完成!

遊び方

2本の「マンション」を並べて、間違い探しをして遊びます。

「わかった!パンダが違う!」
「あと、セミとカブトムシでしょ…」

平面の間違い探しとちょっと違った難易度も加わり、楽しんでくれたようです。

★ここでポイント★

アパート以外にも、牛乳パックに顔をつけて動物・人など、色々展開できます。
年齢に応じて細かい間違いを入れるなど、難易度を変えてみてください。


  • 専門家 吉田 麻理子
  • 専門家 吉田 麻理子(くらしの表現家)

1985年横浜生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。東京都小金井市在住。(株)リクルートライフスタイル在籍時の2012 年より工作家として活動を開始。2015年、同社を退職しフリーランスに。日々の暮らしの中で思ったこと・感じたことを、写真・文章・工作などを通し、ブログや育児メディアで表現している。「楽しく生きる」ことをテーマとした、ワークショップ・カウンセリングも人気。活動家でありアーティスト。2児の母。

URL :
ブログ「ポッチリ村」Facebook
専門家とは?
工作家、看護師、管理栄養士など、専門的な分野でお仕事をしながら、ほいくるに専門的なコンテンツを連載している専門家さんの記事。