あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる] あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる]

【絵本×あそび】お芋に触れよう!〜絵本/ねずみのいもほり〜

【絵本×あそび】お芋に触れよう!〜絵本/ねずみのいもほり〜

秋といったらおいもほり!ねずみの家族も今日はおいもほり大会。

一番大きなおいもを掘ったねずみたちは、あっという方法でお持ち帰り!

おいもほりが楽しみになる絵本と、おいもづくしの遊びをご紹介。


あそびの元となった絵本のタイトル

絵本名:ねずみのいもほり 作:山下 明生/絵:いわむら かずお 出版社:ひさかたチャイルド
絵本名:ねずみのいもほり
作:山下 明生
絵:いわむら かずお
出版社:ひさかたチャイルド

出版社からの内容紹介

今日はみんなでお芋掘り大会に。
お父さんの作ったスコップは、とっても便利。
大きなお芋を掘って一等賞。
帰りはお芋のカヌーでもどります。

出典:絵本ナビ

 

どんな絵本?

・「7つ子ねずみ」シリーズのおいもほりバージョン。

・読んだ後はおもわずサツマイモがたべたくなる!?

・ねずみのキャラクターがかわいらしい絵本。

・ただおいもを掘るだけでなく、スコップで遊んだり、ワクワクが詰まった絵本。

・丁寧に描かれた優しい雰囲気の挿絵も一緒に楽しめる絵本。


絵本からの発展あそび

<その1>おいもほりをしよう!

絵本を読んだ後は、実際においもほりをしてみよう。

おいもを掘るときは、どんなコツがいるがいるだろう?
ねずみの家族を参考に、イメージしてみよう!


<その2>おいもに触れよう!

掘ったおいもを持ち帰ったら、さっそく観察してみよう。
触り心地、重さ、におい、色、洗う前と洗った後…などなど、目で見て手で触って、サツマイモに触れてみよう!

おいもを観察した後は、ゲームをして遊ぼう。
掘ったサツマイモを並べたら、どれが一番重いか当ててみよう!


<その3>掘ったおいもを食べよう

おいもにたっぷり触れた後は、おいもの味にも触れよう。
ふかしたり、焼き芋にしたり…おいもの色の変化や味も感じてみよう!

サツマイモを使ったアレンジ料理はこちら
 ⇒さつまいもdeドーナッツ~秋においしい簡単ほくほくおやつ~
 ⇒ほっこりスウィートポテト~簡単に作れる人気のさつま芋クッキング

★ここでポイント★

・収穫の楽しさ、自然に触れ合う楽しさを知る。

・大きさや重さ、かたちなどを意識して想像力を働かせられる環境に配慮する。

・冠にしたり、長くして電車ごっこや腰に巻いておすもうさんなど、お芋のツルでも遊んでみよう。

・サツマイモの重さを比べるときは、天秤などのはかりを使えばどちらが重いのか見ただけて判断できる。

・収穫したものの名前や食材に興味をもち、それを食べることで食育活動につながるようにする。



  • ままくるライター
  • ままくるライター
ままくるライターとは?
かくれ保育士さん(潜在保育士さん)や、保育士資格は無いけれど、子どもとの遊びを楽しんでいる子育て中のママさんが投稿してくれた記事。子育てしながら無理なくできるお仕事として、楽しみながら記事投稿してくれています。
関連リンク :
https://mamaclue.me/
  • 年齢:
    幼児
  • 活動場所:
    室内
  • 手軽度:
    ★★(やや準備が必要な遊び)
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ