あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる] あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる]

ほっこりスウィートポテト~簡単に作れる人気のさつま芋クッキング

ほっこりスウィートポテト〜簡単に作れる人気のさつま芋クッキング

お芋ほりで掘ったお芋は格別?形に重さに色に匂いを感じながら…

秋においしい旬のお野菜を使って作る、人気のおやつ☆

簡単レシピと色々なポイントをご紹介♪


材料

6個分
(A)
・さつま芋:200g
・豆乳:20g
・砂糖:20g
・たまご:適量
・白ごま黒ごま:適量

※上記の分量は、スイートポテト1個分を40gくらいにした場合。もう少し小さめにつくり、2個ずつ作っても良い。
※たまごアレルギーのお子さんがいる時は、つや出し卵をなくす。
※砂糖は甜菜糖を使用。普通の砂糖でも良い。コクだしのバターは今回使用していないが、溶かしバター10gを追加しても良い。

観察してみよう

観察してみよう

さつま芋を見てみよう!

さつま芋は大きなものから小さなものまで、いろんな種類、形があるね。

どんな形?どのくらいの大きさ?重さ?触った感触は?何色?匂いは?

さつま芋によって、色も形も違うので、この機会にたくさん触れてじっくり観察してみよう。

さて、このかたーいお芋を、どうやって調理する?

切ってみよう

切ってみよう

さつま芋を切ってちょっとしたら・・・白い液がでてきたよ。

この液はお腹に良いんだって。

さつま芋を食べるとお腹の調子が良くなるよね。

ぶーぶーおならが出るのもこのせいかな?(ちなみに、この白い液をヤラピンと言います。食物繊維も多く、このヤラピンもあるため整腸作用が良いのです。)

加熱してみよう

加熱してみよう

きゅうりやトマトは生のまま食べられるけど、さつま芋は食べられないね。

フライパンで焼いたり、蒸し器で蒸したり、茹でたりして食べるんだよ。

ゆっくり長い時間かけて加熱すると甘ーくなるの(ゆっくり加熱すると黄色くなるよ!)。

やきいもやさんのお芋に似ているね!

電子レンジでチン!でも食べられるけど、茹でた方が美味しいよ。

★ここでポイント★

レンジでチンしたさつま芋と、蒸かした(茹でた)さつま芋を食べ比べてみてもおもしろい!

むいてつぶす

1、茹でたさつま芋の粗熱が取れたら、皮をむく。もしもさつま芋がまだ熱かったら、フォークを使っても良い。
皮をむく

フォークを使っても良い


2、マッシャーなどでつぶして、温かいうちに(A)の砂糖・豆乳を入れてまぜる。
マッシャーなどでつぶして


3、手で好きな形に丸める。

4、上にゴマをトッピングして、溶き卵をつや出しに塗る。

5、オーブン(180℃)もしくはオーブントースターで焦げ目をつけるまで焼いたら出来上がり♪ハートの型で抜いてアレンジしてみてもかわいい☆
出来上がり♪

ハートの型で抜いてアレンジ

おまけ☆さつまいものひみつ!

おまけ☆さつまいものひみつ!


さつまいもはが苦手なものとは?

さつまいもが苦手なもの…それは、「寒さ」です。

さつまいもは寒いのが苦手なんだって!だから冷蔵庫に入れたりしたらだめだよ。

もし、おいもほりをしてお家にさつまいもを持って帰ったら、新聞紙で包んでおいておこう!

石焼き芋って知っている?

寒くなると聞こえてくる、「いーしやぁ〜きいも やーきいもぉ〜」というおじさんの声、みんなは聞いたことあるかな?

石を温めてその中で焼いた焼き芋を売る屋台が、近くにきている合図だよ!

ほくほく甘くて、とってもおいしい石焼き芋。みんなのところにも屋台が来るかな?

その他のクッキング

子どもの育ちにつながるクッキングとは?〜これまでのクッキングを通して〜
オリジナル☆カップすし〜楽しさと栄養がギュッとつまったクッキング〜
やさいdeクッキー☆〜隠し味がポイントのカラダにやさしい2色クッキー〜
りんごジャムとふりふりバター〜少しの材料で楽しめるクッキング♪〜
クリスマスツリーサラダ〜作るのも見るのも食べるのも楽しいサラダ〜
きのことじゃが芋のホイル焼き〜秋の味覚たっぷりワクワクごはん〜
ほっこりスウィートポテト〜簡単に作れる人気のさつま芋クッキング〜
うさぎのお月見だんご〜簡単かわいいオリジナルだんご☆〜
コロコロ 夏野菜カレー〜見た目も味も楽しい♪オリジナルカレー〜
えだまめごはん〜お米の炊き方と夏やさいのコラボごはん☆〜
フルーツデコ★パンケーキ
  • 専門家 柴田 真希
  • 専門家 柴田 真希(株式会社エミッシュ 代表取締役、管理栄養士)

女子栄養大学短期大学部卒業後、集団給食、栄養カウンセリング、食品の企画・開発・営業などの業務に携わり、独立。
27年間悩み続けた便秘を3日で治した「雑穀」や「米食の素晴らしさ」を広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。
現在はNHKのお料理コーナー「かんたんごはん」の番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムの掲載と、雑穀・フードコーディネーターとして幅広く活躍中。

「“たべること”の大切さ、ありがたさ、すばらしさ・・・。
子どもたちに伝えていきたい たくさんの事を、1番触れ合う時間の多い保育士さんにお伝えできればと思っています。」

URL :
株式会社エミッシュ公式ブログ「管理栄養士 柴田真希のシアワセ♪MaKitchen」
専門家とは?
工作家、看護師、管理栄養士など、専門的な分野でお仕事をしながら、ほいくるに専門的なコンテンツを連載している専門家さんの記事。