保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

HoiClue

【絵本×あそび】雨の世界を作ってみよう!〜絵本/雨、あめ〜

ほいくる編集者

【絵本×あそび】雨の世界を作ってみよう!〜絵本/雨、あめ〜


子どもたちが感じる雨を、想い想いに表現するあそび。

大人の視点ではなく子どもからの視点では、雨はどう映るのだろう?

外遊びができずに、ただ憂鬱な1日にしてしまうのはもったいない!

おもいっきり楽しんじゃお♪

あそびの元となった絵本のタイトル

絵本名:雨、あめ 作/絵:ピーター・スピアー
絵本名:雨、あめ
作/絵:ピーター・スピアー
出版社:評論社

出版社からの内容紹介

雨がふってきた。
おねえちゃんとおとうとは雨具にきかえ、かさをさして外にでる。
水たまりであそんだり、雨水の流れをみたり…。
雨の中でいきいきと変化する、いつもとちがうせかい。
すばらしい雨の一日を描いた、ことばのない絵本。

出典:絵本ナビ

どんな絵本?

・字のない絵本なので、自分でストーリーを作れる。

・子どもにとっても自由に読めるので、想像力豊かに発揮できる絵本。

・雨の日の風景がとても美しく描かれてるので、新しい発見やイメージも広がるかも?

絵本からの発展あそび

絵本を読んだ後…。

想い想いに、クレヨンで雨を表現。

しとしと、ザーザー、ゴロゴロゴロ、風の音…。

どんな雨の世界を描けるかな?

画用紙に雨の絵を描く子どもの様子

子どもの描いた雨の絵

さらに発展

・クレヨンだけでなく、折り紙や画用紙など、違う素材で雨を表現してもおもしろい!

・ビリビリにした紙の後片付けは、ビニール袋に入れればボールに変身! 片付けを楽しみながら、次の遊びへの発展にもなるかも?

画用紙をやぶく子ども写真

画用紙に雨の絵を描いたり貼ったりする様子

破った画用紙をビニール袋に詰め込んだ写真

ポイント!

・子どもたちがそれぞれに、自分が感じたままに表現を楽しめる環境を大切にする。

何からさがす?

カテゴリー

特集

ログイン

ほいくるのIDをお持ちの方は
このページからログインできます。

パスワードをお忘れの方はこちら

登録はお済みですか?

ほいくるメイトになる(登録)

「ほいくるメイト」ってなぁに?