あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる] あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる]

ノーズ~生きものについての興味が広がるあそび~


いろんなヒントをきっかけに、生きものについて自然と学びを深めていくあそび。

子どもたちの興味をかきたてるような遊び方がおもしろい♪


あそびの環境

どこでも可 室内でも可

使うもの

・動物ヒントカード(ネイチャーゲームのグッズとして販売されていますが、幼児には少し難しいので、自分たちでヒントを考えてもOK)

※動物ヒントカードを使わない場合
 1つの動物に対して10個くらいのヒントを考え、こどもたちには見られないようにメモをしておく。

例)
1、わたしは音を立てずに飛ぶことができます。
2、わたしは丸くて大きな目を持っています。 
3、わたしは鋭い爪をもっていて、一度つかんだ獲物は二度と離しません。
4、わたしの大好物はネズミです。
5、わたしは主に木のほらを巣にします。
6、わたしは首が大変柔らかく、顔をさかさまにしたり、真後ろにしたりできます。

・ヒントは外見的な特徴だけでなく、住んでいる所や、食べ物、生まれ方など幅広い情報を織り混ぜましょう。

ちなみに例のヒントの答えは…フクロウでした♪


ねらい

・生きものについての関心をもつ
・生きものを想像する楽しみを体験する


あそび方

1、円形または半円になって座る。


2、ルールの説明をする
1)ある生き物についてのヒントを1つずつ聞いて、その生きものが何かを一人で考える。周りの人と相談はしない。

2)わかったら、手をあげたり、「わかった!」というのではなく、静かに鼻に人差し指をあてて「わかりました」という合図をする。




3)鼻に人差し指をあてたあと、その後のヒントを聞いて勘違いしたことに気づいたら、この合図をはずす。

3、生きのヒントを1つずつ出していく。

4、途中でわかった人が出ても最後までヒントを出し続ける。

5、最後までヒントをだし終わったら、全員で一斉に答えを言ってもらう。

6、ヒントを最初から振り返り、その生きものについての特徴を確認したり話し合ったりする。


★ポイント★

・「鼻に指を当てる」という行為になかなか慣れないので、最初に練習をしてみてもいいかもしれませんね。

・ヒントを出す順番がとても大事です。大きな範囲のヒントから次第に、答えがわかるような小さな範囲のヒントに近づけていきましょう。

その他のネイチャーゲーム

森の美術館〜発見やあそびが広がるおもしろ自然あそび〜
ノーズ〜生きものについての興味が広がるあそび〜
ノアの箱舟〜お話から展開して楽しめるあそび〜
コウモリとガ〜自然界の仕組みを実際に体験しながら学べる遊び〜
森の福笑い 〜身の周りの木々に親しむあそび〜
大地の窓~自然と一体になれるあったか遊び~
  • 専門家 田所 佳奈
  • 専門家 田所 佳奈(NPO法人伊豆こどもミュージアム、ネイチャーゲームリーダー・保育士)

静岡県伊豆市在住。母の影響で、こどものころからネイチャーゲームに親しみ、学生の頃にネイチャーゲームリーダーの資格を取得。保育士時代には、保育にネイチャーゲームを取り入れ、こどもたちと楽しんできた。

現在は、伊豆こどもミュージアム森遊び塾の中で、幼児から中学生までのこどもたちに天城の森の中でのネイチャーゲーム体験、森遊びを提供。こどもたちが自然の中で自らの力で育ち合っていける空間づくりを行っている。

“ちょっとしたアプローチでこどもたちの自然に対する見方がガラッと変わります。ここで紹介させていただくネイチャーゲームを通して、いつもの場所でも、新しい発見をみんなで分かち合っていただけたら、と思います。”

URL :
NPO法人伊豆こどもミュージアム
専門家とは?
工作家、看護師、管理栄養士など、専門的な分野でお仕事をしながら、ほいくるに専門的なコンテンツを連載している専門家さんの記事。
  • 年齢:
    幼児
  • 活動場所:
    戸外
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ