あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる] あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる]

森の美術館~発見やあそびが広がるおもしろ自然あそび~




自然の中の美しいものや面白いものを探し、みんなで鑑賞するあそび。

たった1つのアイテムが、たくさんの色々な発見の手伝いをしてくれます♪

子どもたちそれぞれの発見や出会いが楽しい、自然が近くに感じられる遊びです。



あそびの環境


草があるところ、土があるところ、など、野外ならどこでも!


使うもの


・額縁(人数分以上)

額縁は、厚紙やダンボールを切ったものなど、なんでもOK。
いろいろな形やおおきさがあるとおもしろい♪


ねらい


自然の美しさを分かち合う。

観察力をやしなう。



あそび方


1、探す範囲と集合場所を伝える。

2、美しい、面白いとおもったものを探す。



3、額縁の中にそれをおさめる。











4、集合の後みんなの作品を見てまわる


★ポイント★


・こどもたちの見つけてきたものに対して、決して否定せず、必ず共感するようにしましょう。「すごいね」「おもしろいね」「よくみつけたね」など。

・見つけたものが設置できない場所や風景の場合は、その都度みんなで鑑賞するなど臨機応変に対応してあげるといいでしょう。

・いろいろな形やおおきさの額縁を用意して、選んでもらうとより楽しくなります♪

・ありのままの自然物に額縁を合わせることが大切です。



おまけ☆そもそもネイチャーゲームってなぁに?


ネイチャーゲーム(Nature game)とは、米国のナチュラリスト、ジョセフ・コーネル(Joseph Bharat Cornell)が1979年に著書『Sharing Nature With Children(子どもたちと自然をわかちあおう)』の中で発表した自然体験プログラムの、日本における名称です。

人間の感覚を用いた様々な活動(ゲームやアクティビティなど)を通して、自然の不思議や仕組みを学び、自然と自分が一体であることに気づくことを目的としています。

特別な知識や経験がなくても、身近な自然の持つさまざまな表情を発見したり楽しむことができます。

その他のネイチャーゲーム

森の美術館〜発見やあそびが広がるおもしろ自然あそび〜
ノーズ〜生きものについての興味が広がるあそび〜
ノアの箱舟〜お話から展開して楽しめるあそび〜
コウモリとガ〜自然界の仕組みを実際に体験しながら学べる遊び〜
森の福笑い 〜身の周りの木々に親しむあそび〜
大地の窓~自然と一体になれるあったか遊び~
  • 専門家 田所 佳奈
  • 専門家 田所 佳奈(NPO法人伊豆こどもミュージアム、ネイチャーゲームリーダー・保育士)

静岡県伊豆市在住。母の影響で、こどものころからネイチャーゲームに親しみ、学生の頃にネイチャーゲームリーダーの資格を取得。保育士時代には、保育にネイチャーゲームを取り入れ、こどもたちと楽しんできた。

現在は、伊豆こどもミュージアム森遊び塾の中で、幼児から中学生までのこどもたちに天城の森の中でのネイチャーゲーム体験、森遊びを提供。こどもたちが自然の中で自らの力で育ち合っていける空間づくりを行っている。

“ちょっとしたアプローチでこどもたちの自然に対する見方がガラッと変わります。ここで紹介させていただくネイチャーゲームを通して、いつもの場所でも、新しい発見をみんなで分かち合っていただけたら、と思います。”

URL :
NPO法人伊豆こどもミュージアム
専門家とは?
工作家、看護師、管理栄養士など、専門的な分野でお仕事をしながら、ほいくるに専門的なコンテンツを連載している専門家さんの記事。
  • 年齢:
    幼児
  • 活動場所:
    戸外