あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる] あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる]

りんごジャムとふりふりバター〜少しの材料で楽しめるクッキング♪

りんごジャムとふりふりバター〜少しの材料で楽しめるクッキング♪

みんながよく食べているものが、自分たちでも作れるって知ってた?

冬においしい果物を使った、おうちでも作れる簡単レシピ☆

今回は特別に、とっておきのおまけレシピもご紹介☆


材料(8〜10人分)


・りんご(紅玉):300g(2個(剥いた重量))

・グラニュー糖:100g(りんごの30〜50%くらい)
・レモン汁:30g(1/2個)
・パン:8枚



作り方


りんご
白いりんご、ピンクのりんご、真っ赤なりんご、りんごにはいろんな種類があります。

今日作るジャムには、ちょっと小さめの真っ赤なりんご「こうぎょく」が甘酸っぱくてオススメ!


1、りんごの皮をむく


りんごの皮をむく

りんごを切る
皮を一気にむいてもいいし、8等分にしてからむいてもOK!
(子どもには難しようであれば、予めむいておく)


2、りんごを切る


りんごを切る5mm位の厚さに切ろう。


★ここでポイント★

りんごは切ったら塩水に入れること。

そのままにしておくとりんごの色が変わってしまうけれど、塩水に入れておくと色が変わらないんだよ。



3、塩水を切ったりんごに砂糖を入れる


塩水を切ったりんごに砂糖を入れる



4、混ぜて少しするとりんごから水分が出てくるので、観察してみよう


混ぜて少しするとりんごから水分が出てくるので、観察してみよう
この水分を使って煮るんだよ。

レモン汁を加えて、煮ていこう。



5、加熱する


加熱する
沸騰するまでは強火〜中火で5〜10分。

しろいアクがでてきたら取り、沸騰後は弱火に(加熱時間は作る量によって多少変わります)。

弱火でくつくつ煮て、水分がなくなったらできあがり!



おまけ☆ふりふりバターの作り方!


生クリーム
りんごジャムを作っている間に、バターもつくっちゃおう!

材料(8〜10人分)


・生クリーム(乳脂肪45%ぐらいのもの):100ml
・塩:1g
・ペットボトル:500ml
・はさみ




ペットボトルに生クリームと塩を入れて、蓋をしてふりふりしてみよう。
ちゃぷちゃぷいっていた音がきこえなくなったらバターのできあがり♪

カッターでペットボトルを切って、バターを取り出そう。



冬に美味しいりんごと手作りバター。

焼きたてのパンにつけて食べてみよう♪


その他のクッキング

子どもの育ちにつながるクッキングとは?〜これまでのクッキングを通して〜
オリジナル☆カップすし〜楽しさと栄養がギュッとつまったクッキング〜
やさいdeクッキー☆〜隠し味がポイントのカラダにやさしい2色クッキー〜
りんごジャムとふりふりバター〜少しの材料で楽しめるクッキング♪〜
クリスマスツリーサラダ〜作るのも見るのも食べるのも楽しいサラダ〜
きのことじゃが芋のホイル焼き〜秋の味覚たっぷりワクワクごはん〜
ほっこりスウィートポテト〜簡単に作れる人気のさつま芋クッキング〜
うさぎのお月見だんご〜簡単かわいいオリジナルだんご☆〜
コロコロ 夏野菜カレー〜見た目も味も楽しい♪オリジナルカレー〜
えだまめごはん〜お米の炊き方と夏やさいのコラボごはん☆〜
フルーツデコ★パンケーキ
  • 専門家 柴田 真希
  • 専門家 柴田 真希(株式会社エミッシュ 代表取締役、管理栄養士)

女子栄養大学短期大学部卒業後、集団給食、栄養カウンセリング、食品の企画・開発・営業などの業務に携わり、独立。
27年間悩み続けた便秘を3日で治した「雑穀」や「米食の素晴らしさ」を広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。
現在はNHKのお料理コーナー「かんたんごはん」の番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムの掲載と、雑穀・フードコーディネーターとして幅広く活躍中。

「“たべること”の大切さ、ありがたさ、すばらしさ・・・。
子どもたちに伝えていきたい たくさんの事を、1番触れ合う時間の多い保育士さんにお伝えできればと思っています。」

URL :
株式会社エミッシュ公式ブログ「管理栄養士 柴田真希のシアワセ♪MaKitchen」
専門家とは?
工作家、看護師、管理栄養士など、専門的な分野でお仕事をしながら、ほいくるに専門的なコンテンツを連載している専門家さんの記事。
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ