あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる] あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる]

【絵本×あそび】手遊びをしながら英語を楽しもう〜絵本/よかったねネッドくん〜

【絵本×あそび】手遊びをしながら英語を楽しもう〜絵本/よかったねネッドくん〜

いいことがあって、いやなことがあって、でもその次にはまたいいことがある。

スリル満点のネッドくんの1日にハラハラドキドキ…!

そんな海外で親しまれ続けている絵本と、英語に触れながら楽しめる発展あそびをご紹介!


あそびの元となった絵本のタイトル

絵本名:よかったねネッドくん 作:レミー シャーリップ/絵:レミー シャーリップ
絵本名:よかったねネッドくん
作:レミー・シャーリップ
絵:レミー・シャーリップ
訳: やぎた よしこ
出版社:偕成社

出版社からの内容紹介

パーティーに出かけたネッドくん。
運がよかったり悪かったり、スリルが連続の大冒険。
アメリカで爆発的な人気をよんだ絵本です。

出典:絵本ナビ

どんな絵本?

・英文と日本語訳が同時に書かれているので、英語に触れながら楽しめる絵本。

・次はどんなことが起きるだろう?ドキドキしながら続きが気になる絵本。

・いいことはカラフルに、残念だったことは白黒で描かれているので、視覚的に変化があっておもしろい!

・初版から何十年も経った今でも親しまれ続けている絵本。



絵本からの発展あそび

<その1>合いの手を入れてみよう!

絵本を読み聞かせながら、子どもに合いの手を入れてもらう。

ネッドくんによかったことがあったページの後
→「そりゃ〜よかった!」といって親指を上に向ける。
逆に不運が訪れたページを読んだ後
→「な〜んてこった」といいながら親指を下に向ける。

など、アメリカ人のリアクションを演じてみよう!

親指を突き立て両手を前に出す子どもの様子


立てた親指を下に向ける子どもの様子


<その2>英単語に触れてみよう!

絵本の中にはいろんな英単語がいっぱい!
聞きなれた単語から、普段あまり見ないようなものまで盛りだくさん…

絵や日本語訳を頼りに、英単語の意味を考えてみよう!

日本語と英語が書かれた絵本のページ


日本語と英語が書かれた絵本のページ


<その3>Fortunately&Unfortunately(幸運&不運)ごっこ

慣れてきたらさらに遊びを発展させて、2人以上でお話を考えてみよう。

1、1人目がFortunately(幸運)だったことを話す
2、相手はその話を聞いてUnfotunately(不運)なストーリーの続きを考える。
3、また1人目がFortunately(幸運)なストーリーの続きを話す。


★ここでポイント★

・発展あそび<その1>は、慣れてきたら合いの手を英語にしてみてもおもしろい!
例)「そりゃあよかった」=“That's good!”、「なんてこった」=“Oh-no~~” など

・発展あそび<その2>は、よく出てくるFortunatelyとUnfortunatelyの意味から考えてみると雰囲気をつかみやすい。

・読み聞かせる場合は、読み手側もノリノリで「そりゃ〜よかった!」「なんてこった!」などと言って、一緒に演じてみよう。



  • ままくるライター
  • ままくるライター
ままくるライターとは?
かくれ保育士さん(潜在保育士さん)や、保育士資格は無いけれど、子どもとの遊びを楽しんでいる子育て中のママさんが投稿してくれた記事。子育てしながら無理なくできるお仕事として、楽しみながら記事投稿してくれています。
関連リンク :
https://mamaclue.me/
  • 年齢:
    幼児
  • 活動場所:
    室内
  • 手軽度:
    ★★(やや準備が必要な遊び)