保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

HoiClue

魔法の輪っか〜何度見てもわからない不思議な手品〜

雨宮みなみ
魔法の輪っか〜何度見てもわからない不思議な手品〜

ひもに通した、抜けるはずのない輪っかがスルリと抜けてしまう不思議な手品。

ちょっぴり難しいけれど、やり方を覚えれば簡単にできるようになる、やさしくて完成度の高い手品です☆

使うもの

・あやとり
・輪っかになっているもの(例えば、輪ゴム、髪ゴム、ゆびわ、腕時計など)

遊び方

1、子ども(1人)に前に出てきてもらい、輪っかを通したあやとりを両手首にかける。

2、輪っかを左右や前後に動かし、あやとりから抜けないことをみんなに確認してもらう。

3、「今から魔法をかけて、この輪っかをはずします!」と説明し、魔法をかける。

4、歌をうたったり、話をしながらあやとりをいじり…。「1・2・3!」で輪っかをひっぱると、抜けないはずのない輪っかがスルリ!

タネあかし

この手品は、あやとりの操り方にタネがあります。

1、まず、イラストのように子どもの手にあやとりをかけた状態から…
輪っかを使った手品のたねあかしのイラスト


2、左手で、●を手前に引く。
輪っかを使った手品のたねあかしのイラスト


3、右手で▲を、子どもの左手にかける。
輪っかを使った手品のたねあかしのイラスト


4、★も子どもの左手にかける(イラスト4)。
輪っかを使った手品のたねあかしのイラスト


5、右手で輪っかを持ち、左手を話して輪っかを抜き取る。
輪っかを使った手品のたねあかしのイラスト


6、輪っかをはずす際に、必ずしっかり輪っかを持って落とさないようにするのがポイント(イラスト6)。
輪っかを使った手品のたねあかしのイラスト


★ここでポイント★

・大勢の人の前で行う際には、わかりやすいように輪っかを大きめのものにすると良い。

・どうやってもあやとりから輪っかが抜けないことを強調して、みんなで確認した後で行うと、より手品を楽しむことができる。

・簡単なストーリーを作り、手品につなげると流れができてまた違う楽しさが味わえる♪



何からさがす?

カテゴリー

特集

ログイン

ほいくるのIDをお持ちの方は
このページからログインできます。

パスワードをお忘れの方はこちら

登録はお済みですか?

ほいくるメイトになる(登録する)

「ほいくるメイト」ってなぁに?