あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる] あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる]

【絵本×あそび】自分ってなんだろう?〜絵本/ぼくのニセモノをつくるには〜

いやなことをやらせるためにニセモノロボを作ることにしたぼく。

そのためにぼくは考える。「ぼく」って「自分らしさ」ってなんだろう??

軽快なものがたりとユーモアあふれるイラストで楽しくアイデンティティーを探っていく一冊。


あそびの元となった絵本のタイトル

絵本名:ぼくのニセモノをつくるには 作:ヨシタケ シンスケ/絵:ヨシタケ シンスケ
絵本名:ぼくのニセモノをつくるには
作:ヨシタケ シンスケ
絵:ヨシタケ シンスケ
出版社: ブロンズ新社

出版社からの内容紹介

けんたくんは、やりたくないことをやらせるために、おてつだいロボを買いました。ロボは完璧なニセモノになるために、けんたくんのことをあれこれ知りたがります。「自分らしさって?」、「人からどう思われてる?」考えれば考えるほど、複雑でややこしい。だけど、なんだかちょっとたのしくなってきて......

出典:絵本ナビ

どんな絵本?

・ぼくってなんだろう?自分らしさとはなにかを追求していく男の子の絵本。

・いい「ぼく」もわるい「ぼく」も、できることもできないことも、頭の中にある秘密にまで向き合っていく姿は、大人の「自分探し」にも当てはまる!?

・自分の存在を考えるなかで、家族や友だち、まわりの人たちの存在についても考えるきっかけになりそう。

・絵や表現が漫画のようでおもしろい!子どもたちと笑いながら、「じぶん」について考えらそうな絵本。


絵本からの発展あそび

<その1>絵本のながれにそって、実際に子どもたちと一緒に「じぶん」について考え、カードなどに書き出し、お互いに自己紹介しあってみよう。

すきなこと きらいなこと
できること できないこと
家族のこと(どんなつながりで今の自分がいるのかな?)など

案が出たらどんどん書きだして、自己紹介カードをつくってみよう。


<その2>自分だけの「じぶんの木」を描いてみよう。

主人公「ぼく」のおばあちゃんのセリフ、「にんげんはひとりひとりかたちのちがう 木のようなもの」。
一体自分はどんな木だろう?
キラキラしていたり、小鳥がたくさんとまっていたり、枝がぐるぐるしていたり…
想像して絵に描いてみよう。

★ここでポイント★

・文章量の多い絵本なので、読んだ後にみんなで感想を言い合うことで、より本の内容の深く理解でき、発展あそびへ自然と繋がる環境がつくれそう。

・あまり難しく考えすぎずに思いついたこと、感じたことをポンポン話しあったり書きだしてみよう。

・なかなか思い浮かばず難しいこともあるかもしれないので、友だち同士でお互いのことを伝え合ったり、大人が例を出したりしながら考える時間も楽しみたい。

・自分だけでなく、家族や友達を紹介する他己紹介カードをつくってみても面白そう♪

・「じぶんの木」は絵に描くだけでなく、実際に木の枝などを使ってつくってみるのも楽しそう!



  • ままくるライター
  • ままくるライター
ままくるライターとは?
かくれ保育士さん(潜在保育士さん)や、保育士資格は無いけれど、子どもとの遊びを楽しんでいる子育て中のママさんが投稿してくれた記事。子育てしながら無理なくできるお仕事として、楽しみながら記事投稿してくれています。
関連リンク :
https://mamaclue.me/
  • 年齢:
    乳児 幼児
  • 活動場所:
    室内
  • 手軽度:
    ★★(やや準備が必要な遊び)
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ