保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

【2022年度版】12月の指導計画(月案)<5歳児・幼稚園>

新 幼児と保育
掲載日:2022/12/01
【2022年度版】12月の指導計画(月案)<5歳児・幼稚園>

幼稚園の12月の月案指導計画(月案)、5歳児編。

予想される子どもたちの姿から、ねらい、学級(クラス)づくりのポイント、家庭や地域との連携など…
子どもたちの姿に合わせながら作る、月案の参考資料に。

毎月さまざまな園の指導計画をご紹介している、保育の専門誌、『新 幼児と保育』2022年秋号ふろく「2022年度版指導計画」よりお届けします。

2022年8月1日より、ほいくる会員機能のご利用時には小学館IDが必要になりました。
ダウンロードをご利用の際は小学館IDでログイン、または小学館IDへの新規会員登録をお願いいたします。


前月末の子どもの姿

・学級のみんなで行うさまざまな表現活動を楽しみ、経験したことを友達との遊びに取り入れて、イメージをつなげながら遊ぶ姿が見られる。【言葉による伝え合い】【豊かな感性と表現】

・冬に向かう自然の変化や不思議さに気づき、木の実やいろいろな色や形の落ち葉などを、工夫して遊びに取り入れている。【思考力の芽生え】【自然との関わり・生命尊重】

今月のねらい

・学級の友達と共通のイメージに向けて活動を進める中で、一人ひとりが自分の力を発揮したり互いに認め合ったりしながら、学級としてのつながりやまとまりを感じる。

・生活に見通しを持ち、自分たちで考えながら進めていこうとする。

クラス作りのポイント

・発表会に向けて、学級の友達と互いに考えを出し合いながら取り組み、力を発揮できたうれしさや友達に認められた喜び、みんなで協力してやり遂げた達成感を味わえるようにする。

・自分たちなりに園生活に見通しを持って行動できるように、環境や言葉かけを工夫し、自分たちで考えて行動する経験を積み重ねていくようにする。

『新 幼児と保育』新号のご購入はこちら