小学館IDへの移行に関する重要なおしらせ

保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

HoiClue

コウモリのハロウィンバッグ〜お菓子を入れる手作りバッグ〜

雨宮みなみ
掲載日:2022/09/20
コウモリのハロウィンバッグ〜お菓子を入れる手作りバッグ〜
自分たちでつくる、紙コップを使ったハロウィンバッグの「コウモリ」編。

首にかけられるから、両手をあけて歩き回れるよ。
アレンジして手持ちにしたり、2つつなげて倍の量のお菓子が入るようにしたりとアレンジもいろいろ。

作ってたのしい、飾ってたのしい、ハロウィンのお供にうれしい製作遊び。

材料

・紙コップ
・折り紙 
・紐(リボンや毛糸など)
…今回は65cmぐらいの長さを用意しておき、子どもに合わせて調整しました。
・白い丸シール(画用紙でもOK)

使うもの

・のり
・はさみ
・油性ペン

作り方

1、作りたいコウモリの色の折り紙を選んだら、ビリビリちぎる。
もちろん、数色の色を使ってもOK。

2、紙コップにのりを塗り、そこに1でちぎった折り紙を貼って、乾かす。

3、乾かしている間に、折り紙を切って、コウモリの羽を作る。
先に大人がパーツとして用意しておいたり、型を用意しておき子どもたちが型を取ったり、事前に書かれた線を切り取ったり、子どもたちが自由に切ったりちぎったりするなど、子どもたちの姿に合わせて羽を作ってみよう。

(写真は、折り紙を折りたたんで2枚重ねて切ったところ、左右対象の羽ができました。)

4、2が乾いたら、上から丸シールを貼って(ない場合は丸く切り抜いた白画用紙を貼って)、そこに目を描き込む。

口も描き込みます。今回は、丸シールを切って牙も作って貼りました。

5、4の紙コップの両脇に、3で作ったコウモリの羽を貼り合わせる。

1でちぎった折り紙の余りで、耳も作りました!

6、さいごに、紙コップの両脇にキリで穴をあけ、首から下げられるようリボンを通したらできあがり!

アレンジバージョン

色付きの紙コップを使い、2つつなげて作ってみました!

ひもの種類もたくさん用意すると、組み合わせを考えたり自分が使いたい素材、心地よい素材を選ぶことができてより楽しめそうです。

ポイント!

・色や柄がついている紙コップを使うと製作工程が短くなり、幅広い年齢でも楽しみやすくなります。

・コップはいろんな大きさがあるので、ミニミニサイズからジャンボサイズまで、自分ですきなサイズを選んでつくるのもおもしろそう。

・折り紙ではなくホイール紙や画用紙を貼っても良し、色を塗っても良し、カラフルなコウモリがいても、羽が1つのコウモリがいても、いろんなコウモリがいてOKなので、自由にアレンジして楽しんじゃおう…!

・紐をモールに変えれば、手持ちのハロウィンバッグに。

・ハロウィンまでの間、室内に置いたりぶら下げたりして置くとハロウィン飾りとして楽しめそうです♪