小学館IDへの移行に関する重要なおしらせ

保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

HoiClue

【自然遊び】鮮やかな緑に!ワカメの色変化!〜素材/生ワカメ〜

吉田麻理子
掲載日:2022/03/30
【自然遊び】鮮やかな緑に!ワカメの色変化!〜素材/生ワカメ〜
旬の生ワカメを茹でて、色の変化を楽しんでみました!

使う素材は…「生ワカメ 」です。

エピソード

私が住んでいる鎌倉では、3月頃になると漁師さんたちが、ワカメの収穫をします。

取りたての生のワカメは茶褐色。
そのワカメを大鍋に沸かした熱湯にざぶんと浸けると、鮮やかな緑色にパッと変わります!

漁師さんたちはこのワカメを干して、乾燥ワカメにして販売しています。
今回は、分けていただいたワカメを使って、色変化の実験をしてみました。
茹で立てのワカメがまた、美味しいんですよ…!

生ワカメはスーパーや鮮魚店などで入手可能です。
ぜひ探してみてください。


材料

生ワカメ


使うもの

・ナイフやキッチンばさみ
・鍋
・水
・トングや菜箸


遊び方

1. これが、ワカメの全体像です!折り畳んでありますが、一番下が根っこ、その上がメカブ、その上にいつもワカメとして売られている葉の部分があります。

2. 根っこを取り外し、メカブとワカメに分けました。

3. お湯を沸かして、メカブから茹でていきます。

4. 半分お湯に浸けると…
浸けた部分だけ、鮮やかな緑に!

5. 全体をお湯にボチャン!
美味しそうな緑に変化しました!

6. 次は、ワカメの部分を茹でていきます。

7. こちらも先端からお湯に浸けてみました。
メカブと同様、浸けた部分が緑色に!

8. 色が変わったら、お湯からあげましょう。

9. お湯からあげたメカブとワカメです。
触ってみても、違いがありますよ。
メカブはヌメヌメ、ワカメはツルツルとしています。

ポイント!

ワカメの色が加熱すると変化するのは、ワカメの持っている赤い色素(フコキサンチン)が、熱によって橙色に変化し、緑の色素(クロロフィル)の色が現れるためです。

実験に使ったワカメとメカブは、そのまま食べても美味しいです。
お醤油につけたり、お味噌汁に入れるのもオススメです。
また、カリカリの状態になるまで干した茹でワカメは、市販されている「乾燥ワカメ」同様に保存することができます。

参考:日本わかめ協会「わかめについて」