保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

HoiClue

「びりびり」を使って ちぎり絵の流れ星〜「びりびり」と「くしゃくしゃ」で保育室を飾ろう! 第1回〜

新 幼児と保育
掲載日:2020/11/03
「びりびり」を使って ちぎり絵の流れ星〜「びりびり」と「くしゃくしゃ」で保育室を飾ろう! 第1回〜

いろがみをびりびり破いたり、くしゃくしゃっと丸めたり。乳児クラスでも幼児クラスでも、子どもと一緒に作って飾る冬の壁面アイデアです。
紙の感触を手で味わい、楽しみましょう。

第1回は「『びりびり』を使って ちぎり絵の流れ星」。
いろがみをちぎって、ペタペタ貼っていきます。大きい破片、細長い破片、いろいろな形のピースが、表情豊かな流れ星の軌跡を描き出します。

(この記事は、『新 幼児と保育』増刊『0・1・2歳児の保育』2018冬 に掲載されたものを元に再構成しました)

プラン・制作 天野 耕太・季子

材料

・カラーホイルのいろがみ
・濃紺の模造紙
・黒の模造紙
・絵の具
・白い画用紙

ちぎり絵にカラーホイルのいろがみを使う。色の濃い紙に貼ったときに映える

使うもの

・黒いペン
・のり
・歯ブラシ
・はさみ


流れ星の軌跡の作り方

1、濃紺の模造紙に軌跡の輪郭を描いておく。

2、水で溶いた絵の具を歯ブラシにつけ、しごいて飛ばして輪郭の中に細かい点々をつける。

3、カラーホイルのいろがみを子どもと一緒にちぎる。
「どこまで小さくできるかな」「長~くできるかな?」など、声がけしながらちぎると、いろいろなピースができる。

4、ちぎったピースにのりをつけて貼る。のりは全面についていなくても、大丈夫。
貼り終えたら1、の輪郭に沿って切り取る。

ちぎったピースをランダムに貼っていく。


流れ星と宇宙空間の作り方

1、流れ星の軌跡を黒い紙に貼りつける。いろがみで流れ星を作って先端に貼る。

2、子どもたちにおなじみのロケットやUFOを描いて、空いているところに貼ってできあがり!

ロケットやUFOはあえて白黒のままにしておくと、ちぎり絵が引き立つ。


ポイント

軌跡の部分に飛ばした絵の具の細かい点々。
これがあると宇宙らしくなる。



教えてくれた人

天野 耕太さん・季子さん
耕太さんはスペインで曲芸を学び、日本全国をパフォーマーとして巡業する。
季子さんは美大で彫刻を学んだのち、現在は新潟県内の美術館で学芸員として勤務。
ふたりの著書『子どもと飾る 保育室アート 春夏秋冬』(小学館)が好評発売中!

  
文/清水 洋美  撮影/茶山 浩

 

この記事の出典  『新 幼児と保育』について

 新 幼児と保育(小学館)
保育園・幼稚園・認定こども園などの先生向けに、保育をより充実させるためのアイデアを提案する保育専門誌です。

▶公式ページはこちら 

この記事の連載

「くしゃくしゃ」を使って 冬空のメロディー〜「びりびり」と「くしゃくしゃ」で保育室を飾ろう! 第2回〜

「くしゃくしゃ」を使って 冬空のメロディー〜「びりびり」と「くしゃくしゃ」で保育室を飾ろう! 第2回〜

いろがみをびりびり破いたり、くしゃくしゃっと丸めたり。
乳児クラスでも幼児クラスでも、子どもと一緒に作って飾る冬の壁面アイデア。

第2回は「『くしゃくしゃ』を使って 冬空のメロディー」。
くしゃくしゃに丸めた紙を音符の玉に見立てて、冬の青空にみんなのメロディーを響かせます。

何からさがす?

こどもの姿

カテゴリー

特集

ログイン

ほいくるのIDをお持ちの方は
このページからログインできます。

パスワードをお忘れの方はこちら

登録はお済みですか?

ほいくるメイトになる(登録)

「ほいくるメイト」ってなぁに?