保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

HoiClue

「あかいぼーるをさがしています!」〜やってみたけれど……そして!〜/青山 誠

新 幼児と保育

(第46回「わたしの保育記録」対象受賞作品)


前編:「あかいぼーるをさがしています!」〜ボールがない!〜
中編:「あかいぼーるをさがしています!」〜けいさつに行く〜

やってみたけれど……そして!

それから4回寝て待った。
ボールはでてこない。
あと2回寝たら1番組はもう卒業だ。

「ちょっと聞いていい?」と愛子さん。
「あの赤いボールをどうしても見つけたい?
もう、あきらめたらいい?
新しいの、買えばいいじゃん!
この3つだったら、みんなどう思う?」

子どもたちは圧倒的に「見つけたい!」。

「そうだねぇ。」と、ぼく。
「でも1番組はもう卒業。貼ってもらったポスター、ありがとうございましたって、はがしにいこうか。」

どのお店でも、気の毒そうに「あらー、まだみつからないの?」といってくれる。
インコの隣のビラもはがす。インコもまだだ。
図書館のビラもこっそり回収。

保育園では「もう少し貼ってあげるわよ。」といってくれるが、1番組のかずくんが残念そうに断る。
「ぼくたち、あさって……そつぎょうなので。」

掃除しながら、みんなの「あーあ」という顔が目に浮かぶ。
そうだよね、でも立派だよ、やれるだけのことはやったよ……あーあ。

公園では西日の中で小学生たちが遊んでいる。
いや、あれは、かずくんじゃないか。

ん?ぼくを呼んでる?何か手に持って....。

ボール!赤いボール!

「ど、どうしたの?それって、あ、あの!」

「みつかったの!いま小学生のおねえちゃんたちがもってきてくれたの!」

少し先に小学生の3人連れが。
走っていって事情を聞く。

その子たちは公園のポスターを目にしていた。
今日、あるマンションの軒下をたまたま覗きこむと、奥に何か赤いものが。

ひとりの子が「あれって、ポスターの。」といって....。

みんなで、「やったー!」

次の日は卒業式前日。
大きい組70人で集合。

「あかいぼーる、みつかったー!」

拍手がわきおこり、やったー!の大合唱。
まるで誰かが卒業に合わせて、とっておきの「おめでとう」を用意してくれたみたい。

1番組、最後の日は、子どもたちの歓声と笑い声に包まれた一日になった。


街では、ときに子どもへの視線に厳しさを感じる。
子どもが子どもらしくいることに、街はあまり寛容ではない。
しかし今回、街の大人たちの、なんとやわらかかったことか!

ボール探しを通して、子どもたちは、街を自分たちの空間に変えていった。

自分たちのアイデアを形にしていくことによって。
大人たちにやわらかく呼びかけることによって。

「あかいぼーるをさがしています!」の大声は、「ここに、こどもがいます!」という、宣言でもあったのだ。


「あかいぼーるをさがしています!」/青山 誠


「わたしの保育記録」第54回平成30年度作品募集のお知らせ

「あかいぼーるをさがしています!」は、第46回「わたしの保育記録」大賞受賞作品です。

みなさんも、日々の保育で出会った子どもたちの成長のひとコマを、「実践記録」や「育ちの物語」に綴ってみませんか。

「一般部門」「乳児部門」それぞれに募集するテーマを設定しました。

主催

一般財団法人 日本児童教育振興財団

後援

(株)小学館

賞状+研究助成金

(一般、乳児部門のすべての応募作品から)
・大賞30万円(1編)
・佳作10万円(数編)
※上記受賞者の勤務園に、施設賞として、図書カード(2万円分)を贈呈します。

参加賞

図書カード 500円分

締め切り

令和元年9月10日(火) 当日消印有効

詳細はこちら

何からさがす?

カテゴリー

特集

ログイン

ほいくるのIDをお持ちの方は
このページからログインできます。

パスワードをお忘れの方はこちら

登録はお済みですか?

ほいくるメイトになる(登録)

「ほいくるメイト」ってなぁに?