保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる] 保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる]

毛糸ぐるぐる写真立て〜手先を使って楽しむ手作りプレゼント〜

毛糸ぐるぐる写真立て〜手先を使って楽しむ手作りプレゼント〜

何色の毛糸にしようかな?ダンボールフレームに好きな色の毛糸をぐるぐるぐるぐる巻きつけて…

毛糸のあたたかみは、敬老の日のプレゼントにもぴったり♪

アレンジいろいろ楽しめる、手先を使った製作遊び。


材料

・ダンボール
・厚紙(糸巻き用)
・毛糸
・貝殻
・スパンコール
・どんぐり
・落ち葉
・ショートパスタ
・絵の具


使うもの

・カッター
・はさみ
・木工用ボンドまたはグルーガン


作り方

1、貝殻やリボンなどの形のショートパスタは、最初に絵の具で色を塗って乾かしておく。
ショートパスタに色を塗る


2、ダンボールを額縁の形に切り抜く。
ダンボールの額縁


3、4つの角と、角の左右に1〜2cmくらいのところにはさみで切り込みを入れておく。
※毛糸をひっかけるため。

切り込みを入れる様子


4、手のひらで持てるくらいの大きさに切った厚紙に毛糸を巻きつけておく。
ダンボールの額縁の切り込みに毛糸を引っ掛けて、巻き始める。

巻きつける様子


5、ダンボールが隠れるように毛糸をぐるぐると巻きつけていく。
色を変えたい時は、変えたい場所に切り込みを入れてそこに新しい毛糸を引っ掛けて巻いていく。
最初に巻いていた毛糸がほどけないように、新しい毛糸で巻き込んでいく。

さらに巻きつける


6、角の周辺はすき間無く巻きつけるのが難しいので、角の周りにいくつか入れた切込みに毛糸を引っ掛けながら巻くと隙間ができにくい。
※隙間が多い場合は切り込みを増やす。

角をまく様子


7、巻き終わったら、つけたいパーツを一度額縁の上に並べる。
木工用ボンドかグルーガンでパーツを貼り付けていく。
※木工用ボンドはたっぷりとつけて、半日から1日乾かしておく。

完成


8、最後に、20cmほどの長さに切った毛糸を額縁の中に通して輪っかにして結び、吊り下げて飾れるようにしたらできあがり!
ひもをつける

★ここでポイント★

・毛糸は、太さや素材の違うものを組み合わせて使うと、より仕上がりが楽しくなる。

・四角だけでなく、丸やハート、三角などのいろんな形を作ってみるのもおもしろい!

・ダンボールに絵の具で色を塗っておくと、毛糸の隙間から見える色で、また違う雰囲気に♪



  • ままくるライター Kaori-itou
  • ままくるライター Kaori-itou

小学生男女児、幼稚園男児の3児の母。短大食物科、美大デザイン科卒業後、木製椅子メーカーに勤務。
退職後たまたまテレビで見た子供向け造形教室にときめき、造形教室アシスタントで経験を積んだ後、自宅と出張で教室を開催中。
子供達のアイデアと作品には毎回感動の連続で、とてもかなわないと思う。
ほいくるでの記事作成を通して短時間でもいかに楽しくアートな作品を作れるか知恵を絞り、自分の引き出しも広がっていくのを実感中。

ままくるライターとは?
かくれ保育士さん(潜在保育士さん)や、保育士資格は無いけれど、子どもとの遊びを楽しんでいる子育て中のママさんが投稿してくれた記事。子育てしながら無理なくできるお仕事として、楽しみながら記事投稿してくれています。
関連リンク :
https://mamaclue.me/
  • 年齢:
    幼児
  • 手軽度:
    ★★★(事前準備が必要な遊び)
  • 新・ほいくるの準備室からお知らせ
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ