保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる] 保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる]

スピード自慢の宇宙船〜繰り返し楽しめるクルクル回る手作りおもちゃ〜

スピード自慢の宇宙船〜繰り返し楽しめるクルクル回る手作りおもちゃ〜

ストローにリボンをぐるぐるぐ巻いて…

上にえいっ!と持ち上げると、宇宙船が高速回転!!

巻けば巻くほど高速スピードで回転するのがおもしろい、クルクル手作りおもちゃ。

保育参観などでも楽しめるかも?


材料

・紙皿
・色画用紙
・ガムテープの芯
・リボン
・ストロー


使うもの

・のり
・はさみ
・クレヨン
・セロハンテープ


作り方

1、紙皿の真ん中にガムテープの芯の型を取る。
はさみを入れて、写真のように切り込みを入れる。

切り込みの入った紙皿


2、色画用紙で宇宙人を作る。
紙皿にクレヨンで模様を描く。
ガムテープの芯に色画用紙を巻く。

模様を描いている様子


3、色画用紙で宇宙船の羽を3つ作る(自由に作ってOK!)。
色画用紙で作った宇宙人と宇宙船


4、ガムテープの芯を紙皿の真ん中に置き、切り込みを1で作った切り込みをガムテープの芯の内側に折込みセロハンテープで留めて固定する。
ガムテープの芯に、2で作った宇宙人を貼り、紙皿に、3で作った羽を貼る。

できあがった宇宙船


5、ストローに長めのリボンを巻き付け、セロハンテープで留める。
リボンを巻きつけたストロー


6、リボンをもう1本短めに切り、ガムテープの芯の内側の端と端を渡すようにして、セロハンテープでしっかり留める。
渡したリボンの真ん中に、ストローが付いた長いリボンの先を結んだらできあがり!

リボンがついた宇宙船


遊び方

床に宇宙船を置いたら、ストローにリボンを巻き付けて…
ストローにリボンを巻きつけている様子


ストローを上に持ち上げると、宇宙船がクルクルと高速回転するよ♪

★ここでポイント★

・リボンがなければ、紙テープでも代用できる。

・ガムテープの芯以外にも、トイレットペーパーの芯やカプセルトイなど、身近にあるものを紙皿に乗せてみるのも楽しい♪

・ストローにリボンをたくさん巻き付けるほど、回転率がアップするよ!
遊びながら、長さの違うリボンでいくつか作って比べてみるのもおもしろそう。

・保育参観や父親参観などの日の親子製作としても楽しめそう!



  • ままくるライター まぃまぃ
  • ままくるライター まぃまぃ

保育士歴10年。6歳と3歳の男の子のママ。
子どもたちの発想によってどんどんあそびが発展できるようにすることと、子どもと一緒にあそびを作り上げていくイメージを大切に記事を書いています。
製作あそびを通して今子ども達がどんなことに興味を持っているか発見したりしながら、一緒にワクワク気分を楽しんでいます♪

ままくるライターとは?
かくれ保育士さん(潜在保育士さん)や、保育士資格は無いけれど、子どもとの遊びを楽しんでいる子育て中のママさんが投稿してくれた記事。子育てしながら無理なくできるお仕事として、楽しみながら記事投稿してくれています。
関連リンク :
https://mamaclue.me/
  • 年齢:
    幼児
  • 活動場所:
    室内
  • 手軽度:
    ★★★(事前準備が必要な遊び)
  • 新・ほいくるの準備室からお知らせ
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ