小学館IDへの移行に関する重要なおしらせ

保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

HoiClue

【お役立ち】牛乳パックを使った引き出し付き収納ボックスの作り方

ほいくる編集部
掲載日:2017/04/15
【お役立ち】牛乳パックを使った引き出し付き収納ボックスの作り方


牛乳パックにつまみをつけると、あっという間に引き出しに。

子どもの靴下に帽子、ビニール袋にティッシュなど…収納いろいろできちゃうよ♪

引き出し式なので、見た目もスッキリ!アイデア牛乳パック収納術をご紹介!

材料

・牛乳パック

※材料を選ぶときに注意したいこと&代用素材について

使うもの

・はさみ
・カッター
・セロハンテープ
・養生テープ
・ビニールテープ


作り方

1、牛乳パックの1面と、向かい合う飲み口部分2枚を写真のように切り取る。
牛乳パックの側面を切り取った写真

2、飲み口部分を内側に折りたたみ、養生テープでとめる。
切り口で手を切らないように、ビニールテープで保護する。
飲み口を折りたたみ上の開いた箱状にした写真

3、1で切り取った牛乳パックでつまみを作る。
適当な大きさに牛乳パックを切って半分に折り、輪になっている部分にビニールテープを巻く。
※先は止めてしまわないように気をつける。
切り取った牛乳パックで箱のつまみ部分を作る様子

4、2の正面に、つまみの幅に合わせてカッターで切り込みを入れる。
3のつまみを差し込む。
箱につまみを取り付けた写真

5、差し込んだつまみを内側で広げ、養生テープでとめたらできあがり!
つまみを内側から見た写真

子どもたちの靴下や帽子の他にも、普段よく使うであろうビニール袋やティッシュなど…
いろんなものが収納できちゃうよ!
大きな箱に入れ引き出しにした写真

つまみを付ける場所を変えれば、奥行きのある縦収納にも。
つまみの場所を変え縦長の箱にした写真