保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる] 保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる]

まんまるやじろべえゴマ〜紙粘土で楽しむカラフルゴマ〜

まんまるやじろべえゴマ〜紙粘土で楽しむカラフルゴマ〜

やじろべえのような見た目の、紙粘土で作るカラフルゴマ。

自分の好きな色や模様で作ったら、クルクルと回して楽しもう!

ころんっとした見た目もポイントの、手作りおもちゃ。


材料

・約15〜20㎝の木の枝
・紙粘土
・紙コップ


使うもの

・絵の具

作り方

1、紙コップに絵の具で色を塗る。


2、紙粘土に少しずつ絵の具を混ぜ、好きな色の紙粘土を作る。


3、紙粘土を丸め、直径3cmくらいのお団子を2個作る。
2本の木の枝の片端に1個ずつつける。



4、3のお団子よりも大きなお団子を作る。
木の枝のお団子の付いていない方を大きなお団子にさし、2本の木の枝をつなげる。



5、バランスよくなるよう、紙粘土の量を調節して形を整える。


6、紙コップの上に乗せて回してみる。
うまく回るように形を調節したらできあがり!


★ここでポイント★

・作っている途中に紙粘土が乾燥してきたら手のひらに水をつけてもう一度練り直してから作るとなめらかになる。

・中心のお団子はなるべく大きめに、底はなるべく丸くなるようにするとくるくると回りやすい。

・1〜2日経って乾燥してお団子が落ちてしまう場合は、穴に木工用ボンドを少量入れてから枝を差し込めばOK!

・お団子に絵の具や紙粘土で顔をつけてもおもしろい!

・何色かの紙粘土を混ぜてお団子をマーブル模様にし、地球や木星などの惑星に見立てて、紙コップにも宇宙の模様を描くと宇宙のコマに!


  • ままくるライター Kaori-itou
  • ままくるライター Kaori-itou

小学生男女児、幼稚園男児の3児の母。短大食物科、美大デザイン科卒業後、木製椅子メーカーに勤務。
退職後たまたまテレビで見た子供向け造形教室にときめき、造形教室アシスタントで経験を積んだ後、自宅と出張で教室を開催中。
子供達のアイデアと作品には毎回感動の連続で、とてもかなわないと思う。
ほいくるでの記事作成を通して短時間でもいかに楽しくアートな作品を作れるか知恵を絞り、自分の引き出しも広がっていくのを実感中。

ままくるライターとは?
かくれ保育士さん(潜在保育士さん)や、保育士資格は無いけれど、子どもとの遊びを楽しんでいる子育て中のママさんが投稿してくれた記事。子育てしながら無理なくできるお仕事として、楽しみながら記事投稿してくれています。
関連リンク :
https://mamaclue.me/
  • 年齢:
    幼児
  • 活動場所:
    室内
  • 手軽度:
    ★★★(事前準備が必要な遊び)
  • 新・ほいくるの準備室からお知らせ
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ