あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる] あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる]

毛糸の手織りコースター〜ダンボール織り機で楽しむ製作遊び〜

毛糸の手織りコースター〜ダンボール織り機で楽しむ製作遊び〜

毛糸の触り心地があったか〜い手作りコースター。

手先を使いながら、ゆっくり、じっくり…できあがっていく様子を楽しもう!

特別な道具がなくても楽しめる、ダンボールを使った手織り遊び。


材料

・ダンボール
・太めの毛糸
・厚紙
・タコ糸(太い綿糸でもOK)


使うもの

・はさみ
・マスキングテープ


作り方

1、ダンボールで織り機を作る。
縦糸は7㎜間隔がかけやすいので横幅は7の倍数にし、均等に切り込みを入れる。
作りたい大きさよりも左右2㎝、上下約3、4㎝ずつ大きくダンボールを切り取る。



2、縦糸になるタコ糸を上下の切り込みにかけていく。
端が取れないように少し長めに切ってマスキングテープでとめる。



3、2のように裏面は糸が斜めにかかっているが、表に返すと縦糸がまっすぐかかっていることがわかる。


4、厚紙で長方形の短辺をくびれさせた形の糸巻きを作り、横糸になる毛糸を巻きつける。
この時、あまり巻きつけすぎるとやりにくくなってしまうので気をつける。
(使いにくい場合は、糸巻きなしでもOK)



5、はじめは糸を多めに余らせ、横糸を通す。
横糸は1本ずつ交互に、縦糸の上、下、上、下…とくぐらせていく。
余らせた糸の端は、縦糸にしっかりと結んでから切るか、編み目に何度かくぐらせてとめる。



6、端までいったら折り返す。
折り返すときは、最後の縦糸にきちんと毛糸が引っかかるようにする。



7、引っかかっていないと抜けてしまうので注意。


8、糸が足りなくなったり、糸の色を変えたりするときは、糸の最後を今まで編んできた編み目に何度かくぐらせてとめる。


9、次の糸も端を長めに余らせてから編み始める。
余らせた糸は、5と同じように編み目に何度かくぐらせてとめる。
編み終わりは縦糸にしっかりと結ぶか、編み目にくぐらせて始末する。



10、作りたい長さになったら、裏側に返して縦糸の真ん中あたりを切る。


11、縦糸は2、3本ずつに束ねて結び、好きな長さにカットしたらできあがり!

★ここでポイント★

・横糸だけじゃなく、縦糸にも毛糸を使ってもOK◎

・織り機を大きくすれば、マフラーなどの大きな作品も作れる。

・慣れてきたら、途中で毛糸の色や素材を自由に変えて、自分好みのコースター作りにチャレンジしても楽しい!



  • ままくるライター Kaori-itou
  • ままくるライター Kaori-itou

小学生男女児、幼稚園男児の3児の母。短大食物科、美大デザイン科卒業後、木製椅子メーカーに勤務。
退職後たまたまテレビで見た子供向け造形教室にときめき、造形教室アシスタントで経験を積んだ後、自宅と出張で教室を開催中。
子供達のアイデアと作品には毎回感動の連続で、とてもかなわないと思う。
ほいくるでの記事作成を通して短時間でもいかに楽しくアートな作品を作れるか知恵を絞り、自分の引き出しも広がっていくのを実感中。

ままくるライターとは?
かくれ保育士さん(潜在保育士さん)や、保育士資格は無いけれど、子どもとの遊びを楽しんでいる子育て中のママさんが投稿してくれた記事。子育てしながら無理なくできるお仕事として、楽しみながら記事投稿してくれています。
関連リンク :
https://mamaclue.me/
  • 年齢:
    幼児
  • 活動場所:
    室内
  • 手軽度:
    ★★★(事前準備が必要な遊び)
  • 2018年夏、「ほいくる」は生まれ変わります
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ