保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる] 保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる]

ストロー飛行機〜作り方が新鮮な製作遊び〜

ストロー飛行機〜作り方が新鮮な製作遊び〜

曲がるストローで作るパーツが本格的な手作り飛行機。

翼はもちろん、エンジンまで!ストローでここまでできるとは…!

パーツを組み立てて、立体的な飛行機作りを楽しもう♪


材料

・ペットボトル…500ml(炭酸飲料などの凹凸のない丸いものがおすすめ)
・ペットボトルキャップ …3個
・曲がるストロー…30〜50本(本数はストローの太さによる)


使うもの

・はさみ
・両面テープ
・セロハンテープ
・ビニールテープ


作り方

1、飛行機の胴体を作る。
曲がるストローの向きを揃えてペットボトルに巻ける幅に並べたら、両面テープで固定する。

並べて固定したストローとペットボトルの写真


2、曲がるストローをペットボトルのカーブに沿って曲げ、両面テープでペットボトルに貼り付ける。
この時、曲がる方のストローの端は両面テープだけだと貼りづらいので、セロハンテープでぐるりと補強する。

ペットボトルをストローで覆った写真


3、主翼2個(写真では黄色のストロー)と垂直尾翼1個(写真では赤)、水平尾翼2個(写真では青)を作る。
ストローを並べてセロハンテープで巻いて固定する。
翼の形は、斜めにずらして並べてから片端を水平に切り落とすか、揃えて並べて後から斜めに切り落とすか、どちらでもOK◎
この時、主翼は大きく作るようにする。

ストローで作った翼のパーツ


4、ストローを並べて両面テープで固定し、ペットボトルキャップ2個にそれぞれ巻きつけエンジンを作る。
ペットボトルキャップをストローで覆った写真


5、最後にセロハンテープやビニールテープでパーツをそれぞれ胴体に取り付けたらできあがり!
完成した飛行機の写真

★ここでポイント★

・ストローは箱の角を使って並べると並べやすい。

・カットしたストローの先が尖っている場合は、怪我をしないようにセロハンテープで保護しよう。

・ストローの上にペンで絵を描いたり、いろんな色のストローを使ってカラフルな飛行機にしたり、自分だけの飛行機を作って楽しもう!



  • ままくるライター
  • ままくるライター
ままくるライターとは?
かくれ保育士さん(潜在保育士さん)や、保育士資格は無いけれど、子どもとの遊びを楽しんでいる子育て中のママさんが投稿してくれた記事。子育てしながら無理なくできるお仕事として、楽しみながら記事投稿してくれています。
関連リンク :
https://mamaclue.me/
  • 年齢:
    幼児
  • 活動場所:
    室内
  • 手軽度:
    ★★★(事前準備が必要な遊び)
  • 新・ほいくるの準備室からお知らせ
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ