保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる] 保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる]

【絵本×あそび】毛糸で手作りメッセージカード入れ〜絵本/てぶくろ〜

【絵本×あそび】毛糸で手作りメッセージカード入れ〜絵本/てぶくろ〜

おじいさんが落としてしまった手袋のなかに暮らしはじめたねずみ。

そこにかえる、うさぎ、きつね、おおかみと、どんどんやってきて手袋は今にもはちきれそう!

ちょっぴり不思議で、楽しい絵本と、手袋にちなんだ製作遊びをご紹介。


あそびの元となった絵本

絵本名:てぶくろ 作:(ウクライナ民話)/絵:エウゲーニー・M・ラチョフ 訳:内田 莉莎子 出版社: 福音館書店
絵本名:てぶくろ
作:(ウクライナ民話)
絵:エウゲーニー・M・ラチョフ
訳:内田 莉莎子
出版社:福音館書店

出版社からの内容紹介

雪の上に落ちていた手袋にネズミが住みこみました。
そこへ、カエルやウサギやキツネが次つぎやってきて、とうとう手袋ははじけそう……。
個性ある動物の表情が特にすばらしい傑作です。

出典:絵本ナビ

どんな絵本?

・50年以上前から読まれ続けているウクライナの絵本。

・次々と登場する個性たっぷりの動物たちが楽しい絵本。

・次々手袋のなかに入る動物たちに「えっまだ入るの!?」とハラハラドキドキ…

・不思議な世界観の挿絵と展開に、繰り返し読みたくなる絵本。


絵本からの発展あそび

<その1>話し合ってみよう!

なんだか夢をみているような、ちょっぴり不思議で楽しいお話…

ぎゅうぎゅう詰めの手袋に、動物たちはどうやって入ったのだろう?
もしクマのあとに動物が続いていたら手袋はどうなっていたかな?

おもしろかったところや気になったところを、話し合ってみよう!

<その2>毛糸で手作りメッセージカード入れ

絵本にちなんで、手袋のメッセージカード入れを作ってみよう!

材料
・画用紙
・毛糸

使うもの
・はさみ
・穴あけパンチ

作り方
1、画用紙を手袋の形に切り取る。

2、2枚を重ね合わせ、穴あけパンチで周りに穴を開ける。

3、毛糸を通して先端をリボンのように結んだらできあがり!


★ここでポイント★

・発展あそび<その1>で思ったことや感じたことを絵に描いてみてもおもしろいかも?

・発展あそび<その2>は、中にお菓子を入れてプレゼントにしてもOK◎

・発展あそび<その2>は、毛糸を長めにとって首からぶら下げても楽しめる。

・手袋にちなんだその他の製作あそびはこちら
 ⇒手袋であったか毛糸遊び〜手先を使って楽しめる製作遊び〜



  • ほいくるライター
  • ほいくるライター
ほいくるライターとは?
ほいくるを運営している遊びクリエイター集団によるオリジナル記事。コドモガラクタラボを通して生まれた遊びや、遊びクリエイティブMTGで生まれた遊びなど、日々こどもの笑顔を思い浮かべながら作成しています。
関連リンク :
https://www.kids-color.co.jp/recruit/
  • 年齢:
    幼児
  • 活動場所:
    室内
  • 手軽度:
    ★★(やや準備が必要な遊び)
  • 2018年夏、「ほいくる」は生まれ変わります
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ