保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる] 保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる]

手作りくす玉〜鈴割りにもってこいの製作遊び〜

手作りくす玉〜鈴割りにもってこいの製作遊び〜

ドキドキ、ワクワク…中には何が入ってるだろう…?

サプライズ感たっぷりのまんまるくす玉。

そんな本格的なくす玉を、身近にある材料で手作りしてみよう!


材料

・ざる
・紐
・垂れ幕用の紙
・包装紙や新聞紙などの大きめの紙
・折り紙
・ビニールテープ(赤)
・ラップの芯
・毛糸
・割り箸
・紙テープ


使うもの

・はさみ
・のり
・両面テープ
・ガムテープ
・マスキングテープ


作り方

1、ざるを横に並べ、真ん中をガムテープでしっかりととめる。


2、外側もしっかりととめる。


3、1.5メートルほどの長さの紐を2本用意する。
ざるの中央よりも外側にそれぞれ紐を通す。



4、バランスを取りつつ、写真のように紐を上の方で一箇所にまとめる。
※吊り下げた時にざるがきちんと開くようにする。



5、くす玉の形が丸くなるように、いらない紙を丸めてざるの底に貼り付ける。


6、ざるの周りを包装紙で包む。
※この時、紐が通した位置からきちんと出るようにする。



7、包装紙の上から赤い折り紙を貼る。
ざるの縁と紐の周囲にビニールテープを貼る。



8、垂れ幕を作る。
紙に文字を書き、一番下に折り紙を巻きつけた短めのラップの芯を貼る。
一番上に割り箸と毛糸を乗せ、紙で包む。



9、左右バランスよくなるように調節しつつ、毛糸を内側の紐の真ん中にくくりつける。
余った毛糸は切り取っておく。



10、紙テープをざるの内側にセロハンテープでとめ、垂れ幕を飾る。

くす玉の準備をする。
垂れ幕をくるくると巻き、くす玉の中に入れる。
紙テープや紙ふぶきも中に入れる。
くす玉を閉じ、マスキングテープで軽くとめたらできあがり!


★ここでポイント★

・作り方1と2のテープは取れないようにしっかりととめておく。

・垂れ幕を作る時は、くす玉を閉じた時に収まるかどうかあらかじめ確認しておく。

・包装紙で包むのではなく、張り子で周りを包み、上から色を塗ってもOK◎

・閉じた時に垂れ幕の裏表がわからなくならないように、印をつけるなどしておこう。

・マスキングテープが外れるように、下に引っ張る紐をつければくす玉に。
 サプライズにももってこい!

・ガチャガチャの容器を使って作れば、手のひらサイズのくす玉に♪

・鈴割りの遊び方はこちら
 ⇒なりきり鈴割り競争〜中身はなんだろ!?ドキドキおもしろ遊び〜



  • ほいくるライター
  • ほいくるライター
ほいくるライターとは?
ほいくるを運営している遊びクリエイター集団によるオリジナル記事。コドモガラクタラボを通して生まれた遊びや、遊びクリエイティブMTGで生まれた遊びなど、日々こどもの笑顔を思い浮かべながら作成しています。
関連リンク :
https://www.kids-color.co.jp/recruit/
  • 年齢:
    幼児
  • 活動場所:
    室内
  • 手軽度:
    ★★★(事前準備が必要な遊び)
  • 2018年夏、「ほいくる」は生まれ変わります
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ