あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる] あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる]

えだまめごはん~お米の炊き方と夏やさいのコラボごはん☆~

えだまめごはん



夏の旬のお野菜“えだまめ”を使ったえだまめごはん。

毎日食べるごはんにも触れながら、夏ならではのおいしいごはんをつくっちゃおう♪


材料


1合分(カッコは4人で分けた時の分量)

・米:150g(37〜38g)
・雑穀(きび・あわ・ひえなど)※:20g(5g)
・水:220cc(55cc)
・茹でたえだまめ(さやつき):100g(25g)

※栄養満点ごはんにするために、子どもたちにも消化の良い小粒の雑穀を使用しましたが、なくても良いです。
※雑穀を入れない時の水加減は200ccにしてください。


★今回のクッキングのポイント★


夏野菜ってなにかな?


 きゅうり!とうもろこし!とまと!えだまめ!
 色々あるね。みんなで話し合ってみよう。
 洗ってそのまま食べられるものは、かぶりついても美味しいよね。

毎日食べるごはん、どうやってつくるのかな?


 かちかちのお米が、どうやったらふっくらごはんになるの?
 今回のクッキングを通して、実際に触れながらよーく観察してみよう♪


作り方


お米を研ぐ


お米を研ぐ



1、ボールにお米を入れて、水を少し加えて、軽くお米を洗う。

2、1回目の水はざるで全て捨てる。

3、これを2〜3回繰り返す。
  洗いすぎも旨みが抜けてしまうので注意!
  雑穀を入れるときは、最後に入れるようにする。

★ここでポイント★

お米だけは「洗う」ことを「研ぐ」と言いうんだよ。
「研ぐ」とは、モノとモノとをこすり合わせること。

手のひらを使って・・・・
きゅきゅと軽く押してみてね。
やさしくね。



土鍋でお米を炊く ※ない場合は炊飯器で良い


土鍋でお米を炊く



1、水を加えて夏は30分、冬は1時間程度つけておこう。
  ふっくらしたごはんが炊き上がる秘訣☆

2、米と水を土鍋(おかま)に入れて、平らになるようにしてふたをする。

3、はじめの1分ほどは弱火で温めてから強火に。
  強火にし、沸騰してきたら弱火に。
穴からでてきた湯気が「わいたよ」のサイン。

3、弱火にしてタイマーをかけて約13〜15分待つ。
  蓋は開けちゃだめだよ!わくわくするね〜!



蒸らす


蒸らす



1、炊き上がったら そのまま10〜15分置く。

2、蒸らし時間が終わったら、そのまま置いておかずに、まずさっくりとお米を切るように軽く混ぜる。



えだまめごはんを作ろう


1、えだまめ、さやから一つひとつ取り出す。

2、ごはんに混ぜたら…




 できあがり!!





おまけ☆みんなは知ってる?お米のひみつ


雑穀入りのごはん



ごはんお茶碗1杯分にお米は何粒あるでしょう?


 正解は約3300つぶ!(150グラムなので、みんなのお茶碗だとおもう少し少ないかな?)
 栄養がぎっしりつまったお米粒がこんなにたくさん入っているんだね!
 だからごはんはみんなの元気の素になるんだね。

ごはんにはどんなエネルギーがあるの?


 お米には「たんすいかぶつ」っていう栄養が入っていて、体や脳みそ(あたま)を動かしてくれるパワーがいっぱい!
 朝ごはんをしっかり食べると、たくさん遊んだりべんきょうしたり運動したりできて、イライラしなくなるんだって。

黒いお米や赤いお米はあるでしょうか?ないでしょうか?


 あります!
 大昔に中国っていう国から日本に伝わってきたお米で、「赤米(あかまい)」「黒米(くろまい)」といって、ビタミンがたくさんつまっているんだって。
 「きび」「あわ」「ひえ」など、の「雑穀(ざっこく)」にもビタミンやミネラルがたくさん入っているんだよ!お腹の調子がよくなったり、よく噛む力がつくんだって。

その他のクッキング

子どもの育ちにつながるクッキングとは?〜これまでのクッキングを通して〜
オリジナル☆カップすし〜楽しさと栄養がギュッとつまったクッキング〜
やさいdeクッキー☆〜隠し味がポイントのカラダにやさしい2色クッキー〜
りんごジャムとふりふりバター〜少しの材料で楽しめるクッキング♪〜
クリスマスツリーサラダ〜作るのも見るのも食べるのも楽しいサラダ〜
きのことじゃが芋のホイル焼き〜秋の味覚たっぷりワクワクごはん〜
ほっこりスウィートポテト〜簡単に作れる人気のさつま芋クッキング〜
うさぎのお月見だんご〜簡単かわいいオリジナルだんご☆〜
コロコロ 夏野菜カレー〜見た目も味も楽しい♪オリジナルカレー〜
えだまめごはん〜お米の炊き方と夏やさいのコラボごはん☆〜
フルーツデコ★パンケーキ
  • 専門家 柴田 真希
  • 専門家 柴田 真希(株式会社エミッシュ 代表取締役、管理栄養士)

女子栄養大学短期大学部卒業後、集団給食、栄養カウンセリング、食品の企画・開発・営業などの業務に携わり、独立。
27年間悩み続けた便秘を3日で治した「雑穀」や「米食の素晴らしさ」を広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。
現在はNHKのお料理コーナー「かんたんごはん」の番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムの掲載と、雑穀・フードコーディネーターとして幅広く活躍中。

「“たべること”の大切さ、ありがたさ、すばらしさ・・・。
子どもたちに伝えていきたい たくさんの事を、1番触れ合う時間の多い保育士さんにお伝えできればと思っています。」

URL :
株式会社エミッシュ公式ブログ「管理栄養士 柴田真希のシアワセ♪MaKitchen」
専門家とは?
工作家、看護師、管理栄養士など、専門的な分野でお仕事をしながら、ほいくるに専門的なコンテンツを連載している専門家さんの記事。
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ