保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる] 保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる]

ポカスカ!もぐらたたきゲーム〜身体を動かして楽しめる手作りおもちゃ〜

ポカスカ!もぐらたたきゲーム〜身体を動かして楽しめる手作りおもちゃ〜

作って楽しい!遊んで楽しい!!

あの“もぐらたたきゲーム”が自分で作れちゃう!?

いろんな感覚が刺激されそうな、おもしろ製作遊び。


材料

もぐらたたき台

・段ボール
・色画用紙(緑や茶色)

・アレルギー反応が強い子もいるので、廃材を使用する際には安全面に配慮する(保管や片付けの際にも、他の廃材と混在しないよう配慮する)。
 ⇒代用素材はこちら

ハンマー

・紙コップ 2個
・チラシ
・ラップの芯

もぐら

・卵パック
・折り紙(茶色)
・丸シール(白、赤)…なくてもOK


使うもの

・はさみ
・カッター
・セロハンテープ
・ビニールテープ
・のり
・油性ペン
・えんぴつ


作り方

1、まず、もぐらたたき台を作る。

段ボールの底面に適当な大きさの穴を開ける。(切り取った丸い切れ端は取っておく。)
段ボールの側面に、割り箸を通すための切り込みをそれぞれ2cm入れておく(写真参照)。

空き箱に5つ丸く穴を開けた写真


2、1で切り取った丸い切れ端を使って色画用紙に円を描き、カッターで円の中央から放射線状に切れ込みを入れる。
段ボールの穴に合わせて、裏側からのりやテープで貼り付ける。

画用紙で丸を描いた部分い切り込みを入れている写真


3、次に、ハンマーを作る。

紙コップにチラシを詰めて、2個の紙コップの口を合わせてビニールテープでとめる。
ラップの芯をビニールテープで貼り付け、持ち手を作る。

紙コップでハンマーを作った写真


4、最後にもぐらを作る。

卵パックをパーツごとに切り離し、それぞれに茶色の折り紙を詰める。
ビニールテープで底を塞いで、丸シールや油性ペンで顔を描く。

卵カップでモグラを作った写真


5、もぐらたたき台の側面に作った切り込みに割り箸を差し込み、4のもぐらを貼り付けたらできあがり!
※この時、穴の位置に合わせて割り箸に目印の線を付けておくと、もぐらを操作する時に分かりやすい◎

完成品の写真

★ここでポイント★

・穴の数によって難易度が変わるので、子どもたちの様子に合わせていろいろアレンジしても楽しめる。

・時間を決めて、いくつもぐらをたたけるか挑戦しても楽しい!

・もぐらを操作する人とたたく人、交代で楽しむと、だんだんコツやポイントがつかめてきそう。



  • ままくるライター
  • ままくるライター
ままくるライターとは?
かくれ保育士さん(潜在保育士さん)や、保育士資格は無いけれど、子どもとの遊びを楽しんでいる子育て中のママさんが投稿してくれた記事。子育てしながら無理なくできるお仕事として、楽しみながら記事投稿してくれています。
関連リンク :
https://mamaclue.me/
  • 年齢:
    幼児
  • 活動場所:
    室内
  • 手軽度:
    ★★★(事前準備が必要な遊び)
  • 新・ほいくるの準備室からお知らせ
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ