保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

HoiClue

【絵本×あそび】おもしろ傘あそび〜絵本/おじさんのかさ〜

ほいくる編集者

【絵本×あそび】おもしろ傘あそび〜絵本/おじさんのかさ〜


傘が濡れてしまうのが嫌で、雨の日でも決して傘をさそうとしないおじさん。

ところがある雨の日、雨のうたを歌う子どもたちに出会って…

真っ黒なおじさんの傘が印象的な絵本と、おもしろ傘遊びをご紹介!


あそびの元となった絵本のタイトル

絵本名:おじさんのかさ 作:佐野 洋子/絵:佐野 洋子 出版社: 講談社
絵本名:おじさんのかさ
作:佐野 洋子
絵:佐野 洋子 
出版社: 講談社

出版社からの内容紹介

雨の日におじさんが出会った素敵なできごと
りっぱなかさがぬれるのがいやで、かさをさそうとしないおじさん。
ある雨の日、子どもたちの歌をきいたおじさんは、はじめてかさを広げてみました。
すると……。

著者紹介
■佐野洋子(さのようこ) 北京に生まれる。
武蔵野美術大学デザイン科卒。1967~68年にかけて、ベルリン造形大学においてリトグラフを学ぶ。
主な絵本作品に、『だってだってのおばあさん』(フレーベル館)、『わたしのぼうし』(ポプラ社、第8回講談社出版文化賞絵本賞受賞)、『100万回生きたねこ』『わたしクリスマスツリー』(ともに講談社)などがある。『ふつうがえらい』(マガジンハウス)などエッセーも多数。

出典:絵本ナビ

どんな絵本?

・「あめが ふったら ポンポロロン あめが ふったら ピッチャンチャン」雨音の表現が楽しい絵本。
思わず口ずさみたくなっちゃいそう!

・大切に思うあまり、雨の日に傘を使えないおじさん。
誰もが味わったことのある?複雑な気持ちが表現されている絵本。

・おじさんと同じような気持ちを思い出して、共感や安心を感じる絵本。


絵本からの発展あそび

<その1>傘で楽しむ、私はだーれだ!?あそび


遊び方

1、傘をさして、身体が隠れるようにしゃがむ。
2、傘の中にいるのが、誰だか当てる。

ちょっとだけ見え隠れする足元を手がかりにしたり、おしゃべりをして声をヒントにしたり…
楽しみ方いろいろ!

傘の絵



<その2>傘玉入れで遊ぼう


遊び方

1、新聞紙を丸めて、ボールをたくさん作る。
2、保育者が傘を逆さまにして手で持ち、子どもたちの真ん中に立つ。
3、傘の中に、新聞紙ボールを投げ入れて遊ぶ。

雨の日の室内あそびにももってこい♪



ポイント!

・遊び<その1>は、色のついた、透明じゃない傘を使うことがポイント。

・遊び<その1>は、「好きな食べ物はなぁに?」など質問をして、その答えをヒントにする方法も!

・遊び<その2>は、どちらのチームが多く新聞紙ボールを入れられるか競争しても楽しい!

・遊び<その2>は、子どもたちの様子に合わせて、高さを調節しながら楽しむことも。
慣れてきたら傘をもつ人が動きまわるなど、発展もいろいろ♪


何からさがす?

カテゴリー

特集

ログイン

ほいくるのIDをお持ちの方は
このページからログインできます。

パスワードをお忘れの方はこちら

登録はお済みですか?

ほいくるメイトになる(登録)

「ほいくるメイト」ってなぁに?