保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

HoiClue

2月12日02:00〜2月17日18:00までの間、一部の会員さまがログインできない状況にありました。現在は復旧しております。ご迷惑をおかけし、申し訳ございません。

「子どものために、親は犠牲にならなくていい」子育てメディアConobie編集長の考える子育て支援〈前編〉

ほいくる編集者

雨宮みなみ

ちょうど今日、Conobieさんで紹介されていた動画を見させていただいて、スタッフみんなで大笑いでした(笑)


自然と親近感持ちつつ、子どもの世界に触れられたというか。

渡辺龍彦

毎日毎日家事に育児に忙しくて、子育て観なんかいちいち考えてられないよ、というご家庭がほとんどだと思うんです。だからこそ、まず笑えるネタ、感動するネタ、共感系のネタに力を入れていて、張りつめた親の心をちょっとほぐすことを重視しています。


心が柔軟になっていないと、大きなテーマもスッと入っていかないだろう、と思うので。

雨宮みなみ

内容によって深くて読みごたえがあるというか、どっしりとした記事もありますが、ネガティブな印象は感じられないですよね、不思議と。でも、単にハッピーなだけじゃないというか。


そのバランス感覚がすごいなぁ、と。

渡辺龍彦

その辺りのバランスは、まだ模索中ですねぇ。


真面目なテーマにどう取り組むか、ということでいうと…編集のポリシーとしては、特定の人や考えの攻撃をしないこと、は明確にしています。


それと、「こうあるべき」というのを押し付けないこと。


この2つは根っこは同じことなんですが、徹底するようにしています。

雨宮みなみ

思い入れが強いと、「これがいい」「これはダメだ」という方向にいきがちですよね。

渡辺龍彦

そういう風に言い切ってしまったほうが伝わりやすい、という場合はあります。


でも…子育てって極端な話、すべてケースバイケースなんですよね。


なので、ひとつの記事でできる的確なアドバイスって、実はそんなには無いんですよ。

何からさがす?

カテゴリー

特集

ログイン

ほいくるのIDをお持ちの方は
このページからログインできます。

パスワードをお忘れの方はこちら

登録はお済みですか?

ほいくるメイトになる(登録)

「ほいくるメイト」ってなぁに?