保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

HoiClue

七五三(11月15日)〜子どもに分かりやすい行事の意味や、過ごし方アイディア〜

ほいくる編集者

七五三(11月15日)〜子どもに分かりやすい行事の意味や、過ごし方アイディア〜


着物や袴を着たり、お参りに行ったり写真を撮ったり、千歳飴を食べたり…。
みんなもよく知っている七五三。

でも、どうして7歳と5歳と3歳の時なの?

七五三のなぜ何どうして?をふまえた基本的知識や、子どもにもわかる内容をご紹介。



七五三(毎年11月15日)

子どもの成長をお祝いし、元気に育つようにお願いする日です。

七五三の由来(どうしてできたの?)

昔は、今のように色々な種類のお薬や病院がなくて、病気などにもかかりやすかったのだそう。
7歳までは、特に病気にかかりやすいとされていました。
そこで、子どもたちが元気に育つように神様にお願いする儀式を行っていたのが、今の七五三へと受け継がれています。

どうして7歳と5歳と3歳に時にするの?

昔行われていた儀式が元になっています。
昔は、3歳で「髪置き」と呼ばれる髪を伸ばす儀式。
5歳で「袴着」という袴をつける儀式。
7歳で「帯解き」という着物を留めている紐を帯に変える儀式をしていました。

一般的には、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳に神社に参拝(お参り)しますが、地域によっても違います。

過ごし方アイディア

参拝しに行こう

みんながここまで大きくなったことを神様にお礼し、「これからも健康で元気に大きく成長しますように」とお願いをします。
おうちの人みんなで神社に行ったり、保育園のお散歩で行ってもいいですね。

千歳飴を食べよう!

千歳飴は、1000歳の飴と描きます。
1000歳まで生きることは難しいけれど、それぐらい元気に長生きできますようにという意味が込められています。
だから、飴も飴が入っている袋もとても長いのですね。

千歳飴袋を作ってみよう

みんなの手作り千歳飴袋アイディア〜七五三にちなんだ製作作品写真〜

みんなの手作り千歳飴袋アイディア〜七五三にちなんだ製作作品写真〜

立体!手作り千歳飴袋〜アレンジ自在の七五三製作遊び〜

立体!手作り千歳飴袋〜アレンジ自在の七五三製作遊び〜





何からさがす?

カテゴリー

特集

ログイン

ほいくるのIDをお持ちの方は
このページからログインできます。

パスワードをお忘れの方はこちら

登録はお済みですか?

ほいくるメイトになる(登録)

「ほいくるメイト」ってなぁに?