あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる] あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる]

【2017年度版】意外と知られてない?十五夜と十三夜(10月4日/11月1日)

【2017年度版】意外と知られてない?十五夜と十三夜の違い(10月4日/11月1日)

”十五夜”はなんとなく聞いたことがあるけれど、十三夜ってなぁに?

なんでお団子をたべるのかな?お月見ってなぁに?本当に月にうさぎはいるの?

そんな謎に包まれた「十五夜」と「十三夜」についてご紹介☆

 

十五夜 (旧暦8月15日)

2017年は10月4日(毎年日にちが変わります。)
 
一年のなかで一番きれいなまんまるの満月が見える日を「十五夜」とよんでいます。

日本では、旧暦の8月15日にお月見をすることが多いのだそうです(十五夜は、中国からやってきました)。

十三夜(旧暦9月13日)

2017年は11月1日(毎年日にちが変わります。)
 
十三夜のお月様は、左側が少し欠けています。 

十五夜と十三夜は何が違うの?

十三夜は、日本だけの行事なんだって。
「十五夜に、お団子を食べて月見を楽しんだのなら、十三夜にも同じ場所でも月見をしよう」ということで、日本では十三夜にもお月見をしているんだ。

十五夜だけを楽しんじゃうのは「片月見」というんだって。
(片月見= 十三夜を月見しないことによって、災いがやってくること)

だから日本では、【十五夜】と【十三夜】っていうお月見の日があるんだね。

◎お月見ってなあに?

日本では、お団子やお餅、ススキや里芋などをお供えして、お月様を眺めることをお月見というよ。
ちなみに「お供え」というのは、神様に捧げること。
「神様もどうぞお食べになってくださいね」そんな意味かな。
 
もともとお月見は、「中国」という国がやっていて、8月15日は里芋がたくさん取れる時期だったそう。
たくさんのおいしい食べものが食べられることへの「ありがとう」の気持ちと、これからもおいしい食べ物が食べられますように…という「願い」を込めてお供えするお月見が、日本にも伝えられたんだね。

◎どうしてススキやお団子をお供えするのだろう?

十五夜と十三夜の季節…秋にはおいしい食べ物がたくさん収穫されるよね。
「おいしい食べ物があるから幸せだー!みんなで分けあおう」という意味がこめられているだって。

◎どうやって過ごす?

子どもたちの想像力を膨らませてみよう!

「月をよ〜くみてみると…何か見えるかな?」

日本から眺めた月は ウサギが餅つきをしているように見えるって言われているんだ。
大きなカニや、女の人の横顔にみえる国もあるんだって。
いろんな表情のある月を子どもたちが見たら、どのように見えるのだろう?

お月見の日や、その翌日に子どもたちと話しながら発想を広げるのも、楽しいですね。

行事を通して、子どもたちと遊んでみよう!

十五夜という行事を通して、子どもたちと一緒にお団子を作ってみたり、いつもの散歩コースに生えているススキを飾ってみたり、大きな月を作って教室に飾ってみたり…。

月を望遠鏡で観察してみたりするのも楽しいですね。
(子どもたちがいろんなことを想像しながら楽しく遊び、私達保育者も一緒になって楽しめたらいいですね。)


  • ほいくるライター
  • ほいくるライター
ほいくるライターとは?
ほいくるを運営している遊びクリエイター集団によるオリジナル記事。コドモガラクタラボを通して生まれた遊びや、遊びクリエイティブMTGで生まれた遊びなど、日々こどもの笑顔を思い浮かべながら作成しています。
関連リンク :
https://www.kids-color.co.jp/recruit/
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ