あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる] あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる]

夜行列車ごっこ〜身体をつかった、わくわくドキドキのあそび〜

夜行列車ごっこ〜身体をつかった、わくわくドキドキのあそび〜

準備いらずの、わくわくドキドキおもしろあそび。

おもわず慎重になってしまう体験を通して、色んなことが感じられる?あそびです。

友だちとの関わりも楽しめる!


遊び方

1、人とぶつからないように散らばり、目をつぶって立つ。

2、保育者の合図で、「ジャンプ!」と言われたらその場でジャンプし、「しゃがむ」と言われたらその場にしゃがむ。「後ろに2歩」「前に3歩」など、目をつぶったまま色々な動きを試してみる。

3、目をつぶって身体を動かすことに慣れてきたら、今度は3人組を作る(2〜4人がベスト)

4、縦に並び、後ろの2人は前の人の肩に手を置く。

5、1番の人は目を明け、あとの2人は、目をつぶる。


6、先頭の人は、後ろの様子を伺いながら「歩きまーす」と声を掛けてゆっくりと進んでいき、後ろの人はついていく。

7、先頭の人は途中で「ジャンプ!」や「しゃがむ!」など、言葉掛けを行い、その度にみんなで指示に従った動作を行う。

8、順番でに先頭を交代する。

★ここでポイント★

・目をつぶって身体を動かすため、周りの安全管理など配慮しておく。

・縦に並ぶ列は、4人以上になると危ないことも多いので、2人〜4人がベスト。

・目をつぶっている後ろの人がびっくりしたり転んだりしないようにするには、後ろの人はどうやって動いたらいいかな? それぞれが自分で考えながら動ける環境を大切にする。


  • ほいくるライター 雨宮 みなみ
  • ほいくるライター 雨宮 みなみ

ほいくる発起人。
「これはあの子が喜ぶだろうな〜」と子どもの姿を思い浮かべておもわずニンマリしてしまうような、そんな、“子どもの姿に寄り添う“きっかけとして、いろんなあそびを広く共有できる場でありたい!とこだわり強く運営中。
こどもと共鳴した時の、あのなんとも言えない瞬間がたまらなく好き!

URL :
https://hoiclue.jp/
ほいくるライターとは?
ほいくるを運営している遊びクリエイター集団によるオリジナル記事。コドモガラクタラボを通して生まれた遊びや、遊びクリエイティブMTGで生まれた遊びなど、日々こどもの笑顔を思い浮かべながら作成しています。
関連リンク :
https://www.kids-color.co.jp/recruit/
  • 活動場所:
    室内 戸外
  • 手軽度:
    ★(準備が必要ない遊び)
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ