あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる] あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる]

コドモコトノハ「そりゃぁ、あんまりだとおもったから」(けんじ5歳)


 子どもたちが木登りしながら、なんだかもめています。

「のぼってきちゃだめ!」
「ここはスズメごっこに、はいっているひとだけだよ」

木の上で、ちっちゃんと、じゅなちゃんが叫んでいます。その下では、おんちゃんがむくれっつらをして見上げています。

「ぼくだって、のぼりたいのに」

 ちっちゃんと、じゅなちゃんは、朝から木の上でスズメごっこをしていました。スズメの家族だから、木がお家です。それぞれ、自分の部屋もあります。自分の部屋には、しるしとして、自分の水筒が置いてあります。

「みんなの木なのに!」

 スズメごっこに入っていない子どもたちは、不満です。ちっちゃんと、じゅなちゃんがそう言うから、登るのをやめておく子もいます。いいや、のぼっちゃえ!と、どんどん登っていく子もいます。

 登ってくる子たちに、ちっちゃんと、じゅなちゃんは、言います。

「のぼらないで!すいとう、おちちゃう。」
「のぼるなら、スズメごっこに、はいってよ。おきゃくさんやくで、いいからさ。」
「おきゃくさんだから、なんかしゃべるんだよ。」

 そう、なにも意地悪しているわけでは、ないのです。子どもの遊びのイメージは本物。想うだけで、もう本当のスズメになっているのです。木は今、お家なのです。他人に、ずかずか入って来られてはたまりません。「おきゃくさんで」というのは、なかなかすてきな折り合いの付けかたではあります。

 木に登りかけていた、けんじ君。そそくさと、木から降りると、どこかへ行ってしまいました。後からその理由を聞くと、けんじ君はちょっと肩をすくめながら、言いました。

「スズメごっこに、はいるならのぼっていいよってさ、そりゃ、あんまりだとおもったから、ほかのとこで、べつのことしようって、おもった。」

 子どもたちの遊びの中で、イメージの食い違いはよくあります。食い違った時に、どう出るかは、人それぞれです。ケンカになることもあれば、どちらかが引くこともあります。相手の反応を見て、引きどころ押しどころも心得ていくようです。押し合い、へし合い、みんなで育ちあっています。

 しばらくして木のところにいってみると、スズメたちの字で、張り紙がしてありました。

「しゃべりたいひとだけ そのひといがいわ たちいりきんし すずめごっこ お やるひとだけね」

言ってダメなら字で書くぞ、というところでしょうか。

その他のコラム

「せんせいも、かれーすきだって。せいこといっしょだったよ」(せいこ6歳)
「ひーちゃんがほしいんだから、 はやいも、おそいも、ないのっ!」(ひろこ 5歳)
「まほうがほしい」(あさみ 5歳)
「そりゃぁ、あんまりだとおもったから」(けんじ5歳)
「こころのとびらが、しまってるの?」(あすか5歳)
コドモコトノハ「だけど、しんでる?」(しげる 5歳)
「はの、こうかん」まあれ(5さい)
「せかいじゅうの山 100m おおきな山です。」ゆうたん(5歳)
「もうすぐって、いつ?」さくたろう(4歳)
「ここに、かんらんしゃをつくるんだよ」(ありむ6歳)
「かんらんしゃ、ゆびよりちいさい」(ありむ6歳)
「なかまになったよな」
  • 専門家 青山 誠
  • 専門家 青山 誠(保育者)

横浜にある、「りんごの木」にて保育者として働く。主に4・5歳児歳クラスを担当。子どもたちからは「あおくん」と呼ばれている。

保育の傍ら、執筆にも携わる。保育エッセー「あかいボールをさがしています」で第46回「わたしの保育」(小学館)大賞を受賞。

著作に、絵本「あかいボールをさがしています」(文・青山、絵・くせさなえ/小学館)。保育実践集「こどもたちのミーティング~りんごの木の保育実践から」(柴田愛子と共著/りんごの木)

“子どもたちの声に耳を澄ませながら、日々保育を楽しんでいます。ふとした表情や、何気ない仕草、聞こえてきたつぶやき…子どもの心の声をそっとすくいとって、みなさんにお伝えできればと思っています。”

専門家とは?
工作家、看護師、管理栄養士など、専門的な分野でお仕事をしながら、ほいくるに専門的なコンテンツを連載している専門家さんの記事。
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ