あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる] あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる]

夏やさいのヒミツ☆〜おもしろ実験食育クッキング〜


夏やさいのヒミツ☆〜おもしろ実験食育クッキング〜
もうすぐ夏!

旬の野菜に親しめるようなきっかけと、夏やさいを使った簡単クッキングのご紹介♪

匂い、手触り、重さ、色、味、大きさ…たくさん感じて楽しんじゃおう♪


水分やミネラルがたっぷり含まれている夏野菜は、暑さでほてった体を冷やして日焼けした皮膚を回復してくれるんだって。

みんなは夏野菜を育てたりしているかな?

暑い夏においしい旬の野菜は何があるだろう?

まずはいっしょに考えてみよう!



やさいかくれんぼクイズ



1、上から手を入れる穴を開けた箱や、布をかぶせたかごのの中に野菜を入、中に入っている野菜が何かを手の感触で考えてみよう!


ツルツル?ぼこぼこ?長い?丸い?かたい?

※なすやオクラはとげがあるので、予め気になる部分は除いておくなど配慮しておいてもいかもしれません。


2、取り出して答え合わせ!



みんなが触ったもの、なんの野菜かわかったかな?

今度はその野菜の色やにおいも観察してみよう♪

半分に切ると中はどうなっているだろう?

切った断面だけでもどの野菜かわかるかな?



夏野菜にはおもしろい話もいっぱい!


トマト


トマト
トマトはその昔、毒だと思われていて、食べずに飾られていた時代があったんだって。

イタリアというなまえの国がきっかけで、食べるようになったそうです。

トマトには昆布にも含まれている(おいしさの素)の“グルタミン酸”っていう旨味成分(おいしさの素)がたっぷりつまっています。



きゅうり


きゅうり
きゅうりにはいぼがありますが、最近はいぼがあまりないきゅうりを作る育て方もあるそうです。

このいぼは、きゅうりが自分で自分の実(果肉)を守るためにあるんだって!だから、いぼが鋭く立っているほど新鮮なのです。

そして、なんときゅうりは世界で400種以上の品種があるといわれています。

冬瓜、夕顔、ゴーヤ、すいか等もきゅうりの仲間なんだよ。



とうもろこし


とうもろこし
とうもろこしのもじゃもじゃしているひげの先がネバネバしているって知っていた?

どうしてかというと、それは“花粉”がつきやすいようにしているから。

花粉がつくと(受粉すると、)黄色の粒へと成長するんだって。

だから、ひげの1本1本はとうもろこしの1粒1粒とつながっているため、ひげと粒は同じ数なのです!!!



なす


なす
色は日に当たるほどあせていくけれど、なすやトマトは太陽を浴びて熟すほど色が鮮やかになるんだって。

なすを冷蔵庫のつめたーいところに数日間おいておくと、色つやが悪くなって実も固くなっていきます。

これは、寒くて「なすが風邪をひいた」ということ。

お野菜も風邪をひくんだね!



切った野菜も無駄なく使おう!

前回作った出汁を使ってお味噌汁にしたり、お漬け物を作ってごはんと一緒に食べてみてもおいしい♪



おまけ☆夏野菜たっぷりのお味噌汁


材料(1人分)



観察した夏野菜を使用

・なす:20g
・ズッキーニ:20g
・おくら:10g
・かつおだしとにぼしだし:100cc
・みそ:4g

作り方


1、野菜を洗って一口大に切る。なすやおくらはとげがあるので子どもたちが切る場合は気をつけましょう。

2、鍋にだし汁をいれ野菜を煮る。

3、野菜に火が通ったらみそをとき入れひと煮立ちさせて、できあがり♪


その他のクッキング

じっくり味わう不思議なおにぎり〜発見いろいろ!食べ比べクッキング〜
子どもの味覚につながるおもしろ体験〜“だし”に隠されたヒミツ!〜
夏やさいのヒミツ☆〜おもしろ実験食育クッキング〜
発酵いらずの手作りパン&夏野菜たっぷりスープ〜お泊り保育や夏のクッキングにもってこいのごはん〜
おもしろ食育実験&クッキング〜いろんな味に隠されたヒミツ(調味料編)〜
さつまいもdeドーナッツ〜秋においしい簡単ほくほくおやつ〜
手作り豆腐〜栄養たっぷりの大豆から作るおもしろクッキング〜
クリスマスにちなんだワクワクお菓子☆クリスマスの世界を作ってみよう!
変わりダネ3種のおもしろ餅〜作るのも食べるのも楽しみなお餅クッキング〜
まきまきにぎにぎ恵方巻〜がぶり!と全部食べれちゃう子どものクッキング〜
自分だけのおべんとう〜クッキングの楽しさと栄養がつまったごはん〜
  • 専門家 明田 由衣
  • 専門家 明田 由衣(管理栄養士)

病院で管理栄養士として働いていた頃に子どもの成長力に感動し、子どもと関わる仕事がしたいと思うように。

現在は保育園の管理栄養士として、食育を通して子どもたちの成長を見守りながら、献立作成、給食調理、アレルギー食対応や離乳食相談に携わる。

子どもたちに「食べたい」と思ってもらえるような、見た目もかわいく栄養価を配慮した献立を考案するなど、食育についてさらに勉強を重ねながら活動中。

“いつも子どもたちや保育士の先生との会話の中でクッキングや行事食のヒントをたくさんもらいます。みんなで楽しく学べ、毎日の生活に繋がるクッキングを紹介していけたらと思っています。”

URL :
専門家とは?
工作家、看護師、管理栄養士など、専門的な分野でお仕事をしながら、ほいくるに専門的なコンテンツを連載している専門家さんの記事。
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ