あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる] あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる]

きたゾ!台風!〜手作りアイテムで中継ごっこ遊び〜

きたゾ!台風!〜手作りアイテムで中継ごっこ遊び〜

台風の日はなんだかソワソワ…窓の外は見たこともない大雨!

身近な廃材を使ったアイディア製作と、お部屋の中楽しめる中継リポートごっこをご紹介。

…「こちらはすごいぼうふうです!」


材料

・段ボール (四角い面…1つ)
・トイレットペーパーの芯
・新聞紙(チラシ)
・折り紙

使うもの

・はさみ(カッター)
・セロハンテープ

作り方

1、まずはテレビに見立てるフレームを作る。四角い段ボールを、外枠2センチくらいを残して四角くくり抜く。

2、1のフレームに、色を塗ったり画用紙を貼って色を着ける。これでテレビフレームの完成!


3、次に、マイクを作る。新聞紙を丸め、折り紙で包んでセロハンテープでとめる。

4、トイレットペーパーの芯に、3をのせてセロハンテープて固定したら、マイクのできあがり! ビニールテープを巻きつけたら、ちょっとおしゃれなマイクに。


これで、リポーターごっこグッズの完成!


さて、いよいよ…

遊び方

片手にフレーム、片手にマイクを持ち、リポーター役を演じてみよう!
風が強い様子や、雨がひどい様子をどうやって伝えようかな?
雨が降っている窓の外を背景に遊んでみると、より中継らしくなるかも!

★ここでポイント★

・フレームを2つ作ればスタジオと現場の中継ができる!「◯◯さん、どうぞ!」「スタジオにおもどしします!」など、スタジオアナウンサーとテレビのリポーター役に分かれて真似してみるとおもしろい!

・台風って、なんだろう?本当は危険なこともいっぱいあるよ。台風について学ぶきっかけに。

・台風がきている時(天気が荒れている時)、みんなで静かに目をつぶって、耳を済ませてみよう。風の音、雨の音…どんな風に聞こえるかな?

  • 手軽度:
    ★★★(事前準備が必要な遊び)
  • 活動場所:
    室内
  • 年齢:
    幼児